花木は雨上がりが美しい

先日、雨上りの日比谷公園を散策する機会があった。
ちょうどバラが美しく咲いていたが、直前に降った雨で花弁に雨露がついて、一層鮮やかだった。

バラ園1
私の経験では、花や木は、雨が降った後の雨露を含んだ時が撮影ポイント。
陽射しも、あまり強くないほうが、細部まできれいに映るような感じがする。

バラ園2
この日も、ジョギングに出たのだが、走り始めてからしばらくして、かなり強い雨に降られた。
ビル陰でしばらく雨宿りをして寒い思いをしたのだが、雨が上がった後は、絶好の撮影日和となった。

バラ園3

撮影の時、マニュアルモードにして、絞りを目いっぱい開いて被写界深度を浅くすれば、もっと花だけをクローズアップできたのだが、操作方法がよくわからずオートで撮ってしまった。

花には申し訳ないことをした。

雨上がりに撮った、私の好きな写真を紹介したい。

卯辰山の紅葉
2002年の11月、金沢市の卯辰山で撮影した紅葉。

奥卯辰
同じ日、更にジョグの足を延ばして、卯辰山の先にある奥卯辰健民公園で撮ったもの。

今年も、こんな美しい紅葉を撮る機会とタイミングに恵まれることができますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR