美しい 「雲」の写真が撮れた

タワーとうろこ雲
走っていると、時折ハッとするような美しい雲と出会う時がある。
秋はとりわけ雲が美しい。

これは、つい先日、撮影した写真。
調べてみると、この雲は「秋の雲の代表選手の巻積雲。比較的上層にできる雲で、うろこ雲、いわし雲、さば雲とも呼ぶ」とあった。
形が崩れやすく、美しい姿を長くとどめないので、雲の貴重品とのこと。

とても美しかったが、こうして東京タワーが一緒に写ると、趣が一層深まる。
こうして、被写体として特徴あるものが近くにあると、それを取り込んで「雲の定点写真」を写してみるのも面白そうだ。

万年橋そばからスカイツリー
これは、今月初めに隅田川の河畔、万年橋の近くからスカイツリーを撮った写真。
この雲はどうやら「積雲」らしい。
説明によると、「夏の間は背が高く発達していた積雲も、秋になると鏡餅のように平べったいものが多くなる」と書いてあった。

蔵前橋からスカイツリー
上の写真を撮ってから10分後、今度は蔵前橋の上から東京スカイツリーの方向を撮ったもの。
雲の形は似ているが、雲がひと時も同じ姿でいることはなく、絶えず変わってゆくことがわかる。

レインボーブリッジから東京港
これは、レインボーブリッジから東京港を撮ったもの。

巻積雲の仲間のようだ。

走っていて美しい雲に出会うと、こうしてすぐに写真を撮る。
帰ってから写真を見て、きれいに撮れているとうれしいものだ。

長距離を走るのに余計な荷物は不要だが、こうした楽しみがあるからデジカメは手放せない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR