将門塚は「樅の木は残った」の舞台だった

将門塚
大手町のビジネス街にある将門塚。
最近建設された日本経済新聞社ビルや経団連ビルからもほど近い。

久しぶりに、ここを訪れたが、実はここが、あの「樅の木は残った」のクライマックスの舞台であることを知った。

酒井家屋敷
これがその説明。
「樅の木は残った」の話をする前に、この将門塚についての簡単な紹介をしよう。

石塔婆
将門塚保存会による案内板にはこう書いてある。

「(平将門は、平安中期・10世紀中ごろ)自ら新皇と称して下総の国に兵を起し、政治の革新を図ったが憤死。首級は京都に送られ獄門にかけられたが、3日後、東方に飛び去り、この地に落ちた。その後、怨霊が祟りをするため石塔婆を立て日輪寺に供養するとともに、神田明神にも合わせて霊を祀った。

乱の起きた頃、坂東では人民の窮状は言語に絶するものがあり、力の弱い人が将門に寄せた期待と同情は大きなものがあった。
このため、今もって関東には将門を祀る神社が数多くあり、弱きを助け、悪を挫く江戸っ子の気風となって、その影響するところはきわめて大きい」とある。

説明
神田明神では、この地を神社創建の地であるとして、毎年5月の神田祭には神事を行っている。

さて、「樅の木は残った」に話を移そう。

仙台・伊達藩のお家騒動の話なのだが、同じ題材をテーマにしながら山本周五郎の「樅の木は残った」と歌舞伎の「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」とでは、善玉と悪玉が全く違うので話が少しややこしい。

まず山本周五郎版のストーリーでは。
大河1970年
主人公は、原田甲斐。
藩の取りつぶしを画策する幕府から伊達藩を守った忠臣。
1970年の大河ドラマでは、平幹二朗さんが演じた。

伊達正宗の孫・綱宗が吉原での遊蕩三昧を理由に幕府より隠居を命じられ、藩主の座は2歳の亀千代(後の藩主・綱村)に移る。
藩内では後見役の一派と他の派との対立が激しくなり、原田甲斐は、亀千代の後見役で幕府の酒井雅楽頭と通じる伊達兵部のもとで重用される。
そうした中、亀千代の毒見役が倒れるという事件が起こり、反兵部派の上訴で幕府の評定が行われることになる。
一連の動きの背後に幕府・酒井雅楽頭の「伊達藩取りつぶし」の陰謀があると察していた甲斐は、評定の席で、死を覚悟して、刃傷沙汰を起こす。
もちろん、その前に証拠を大目付に渡したうえでの覚悟の行動で、その結果、甲斐は乱心したとして切られて死亡するが、伊達藩の安泰は守られ、事件は幕を下ろす。

その評定の場がこの地であったというわけだ。

港区役所前
さて、こちらは港区役所の前にある「政岡飯たきの井」。
政岡は歌舞伎「伽羅先代萩」の主要人物で、幼い藩主の乳母。
幼いわが子が藩主の毒見役となって死亡するという悲劇の人物で、生母の三沢初子がモデルといわれている。

そして、原田甲斐の立場の人物は、「仁木弾正」という名前のお家乗っ取りをたくらむ大悪人として登場する。

区役所前の説明には、「この場所に伊達家の支度所があり、増上寺の参詣の折りに使用した。『嗣子・亀千代を毒殺の危険から守ろうとして、母の浅岡の局がこの水を汲んで調理したと伝えられる』と書いてある。

生母の三沢初子の通称が『浅岡の局』で、歌舞伎の『正岡」は乳母、名前は似ているが二人の立場はずいぶん違う。

その辺のところを説明で紹介しないと、浅岡と、正岡を混同してしまいかねない。

かくいう私がそうだったので、もう少しわかりやすい説明をお願いしたいところだ。

三沢初子

これは中目黒の正覚寺にある、亀千代の生母「三沢初子」の像。
これも、政岡を演じた歌舞伎役者をモデルにしていて、昭和9年に建てられたという。

正覚寺は三沢初子が深く帰依したお寺で、綱村もこの寺を特別に保護したと説明にあった。

偶然、「樅の木は残った」に関連する3つの場所を訪れたことから、この事件について少し調べることになったが、その結果、歴史上の真実とは何か、大いに考えされられることとなった。

山本周五郎によって、原田甲斐が悪臣から一転して忠臣となってしまったこと。

亀千代の母が政岡であると思っている人が、少なからずいること、がそれだ。

私たちが真実だと思っていることの中には、数多くの誤りや、記録をまとめた人の思いや主観、そして誤解が少なからず潜んでいるのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR