芭蕉 名句の現場~③小松市・那谷寺

今回の現場は、小松市の那谷寺(なたでら)。

句は『石山の 石より白し 秋の風」

動橋駅
9年前の11月中旬、ジョギングで行った時の様子を紹介する。
北陸線の動橋(いぶりはし)駅からスタート。
粟津温泉、山代温泉、片山津温泉もこの駅から近い。

ジョギングの強みは、バスやタクシーが駅前にいなくても行けることだ。

白山を望む
駅前から頂に雪をかぶった白山が見えた。
片道5キロ弱のコースだ。

石山の紅葉

那谷寺の境内。
正面に見えるのは、全山、凝灰岩からなる「奇岩遊仙境」。

石山の白と手前の紅葉とのコントラストが美しい。

紅葉が見事
紅葉といっても、色はさまざま。ピンクから黄色、真紅、橙色、。
見事な配色となって、眼前に迫る。

そしてその上を、「石よりも白い風」が吹き抜けてゆく。

苔も見事
苔の緑も深く、鮮やかだ。

まもなく、「白い風」に代わって「白い雪」に覆われる季節を迎える。

「雪起こし」あるいは「鰤起こし」と呼ぶ激しい雷鳴とともに、北陸の冬がはじまる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR