隅田川畔の風景

回漕店

このところ毎朝4時半に起床。

5時から暑さを避けて隅田川沿いを走っている

中央区の鉄砲洲神社近く、隅田川の右岸沿いの道を走っていると、こんな看板が目に入ってくる。

「回漕店」、何かとても懐かしい響きがある。
昔見た時代劇に、回漕問屋という言葉がよく出てきた。
若い人の中には、この言葉を全く聞いたことのないという人もいることだろう。

物資などを船で運送する業務ということだ。
水運が盛んだった昔は、隅田川沿いにたくさんの従事者がいたに違いない。

大川とは、隅田川のことだから、いかにもこの付近の風景に似合っている。

ネットで、この回漕店を調べてみると、「警戒船業務」にあたる人材を募集していた。

海上での衝突事故を防ぎ、安全航行できるようにする仕事だという。

盆の入りの風景

7月の盆の入りに合わせて、この付近の公園や空き地には、
隅田川で亡くなった人たちを供養する「精霊棚」と呼ばれる祭壇が設置される。

関東大震災、東京空襲などで亡くなった人をはじめ、多くの無縁仏の霊を弔うものという。


佃島盆踊り

そして、7月の盆に行われる「佃島盆踊り」の会場では、今年も踊りの準備が進んでいた。

ここでは、他の全国各地の盆踊りのように、明るく元気な歌に合わせて踊るということはない。

江戸の昔から伝わる念仏踊りが今に伝わり、踊り継がれている。

とてもゆっくりと、どちらかというと哀調さえ感じるスローな踊りだ。

毎年変わることなく、時が止まったような空間が、この高層ビルに囲まれた場所に広がる。

もんじゃ通りの再開発

佃島の隣の月島地区。

ここは、地区の名物もんじゃ焼きの店が連なる「もんじゃ通り」。

大規模な再開発が始まっていた。

地上32階の計画

建築計画の看板を見ると、なんとビルの建物は32階建て。

完成は平成33年3月31日とあるから、およそ4年後だ。

もんじゃといえば下町の味、そのもんじゃ通りが4年後この建物の完成で、どんな姿に変わってゆくのか。

走れる限りは、その移ろいを見つめていくことにしよう。

場外市場の火事

そしてこちらは、築地場外市場の「もんぜき通り」。新大橋通りに面して、小さな店が立ち並んでいる。

8月3日の夕方、この付近から出火し、大きな火災となった。

出火当日の朝もこの前を走ったのだが、朝6時にも拘わらず、お客さんで賑わっていた。

この写真は火災から2日後の5日に写したもの。まだ消防車が止まっていて、近くには立ち寄れなかった。

報道によれば、火元はラーメン店の可能性が高いとのことだ。

北朝鮮・金正日の元専属料理人も、その味覚をマスターしようと通ったといわれた人気店だった。

築地場外市場は、築地市場から豊洲に移転しても、この地で営業を続けるとしている。

しかし、市場が豊洲に移転すれば、この場外市場の在り方も、その変化に対応したものに変わってゆかねばならない。

この火事をきっかけに、場外市場は、いったいどう対応してゆくのか少しずつ動き出すのだろう。

こちらも、走りながらその移り変わりを観察させてもらうことにしよう。


なお、5年前の2012年12月27日、このブログで「一坪余りの超繁盛店」というタイトルで上記のラーメン店を紹介しているので、ご覧ください。

http://golby.blog.fc2.com/blog-date-20121227.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR