納涼船に乗ってお台場沖へ


金杉橋近くの船宿

久しぶりに納涼船に乗った。

都心を流れる古川が東京湾に流れ出る手前、金杉橋近くにある船宿に集合。

午後6時を過ぎても気温は下がらず、「暑いですねえ」とのあいさつが飛び交う。

先代林家三平の色紙

内部には、初代・林家三平の色紙もあった。

本人の似顔絵も書いてあり、なかなか特徴をとらえていてうまいものだなと感じた。

ここに日付が入っていないので、いつ頃書かれたものか不明だが、

私が子供の頃、隅田川の花火大会見物や潮干狩りにここから船に乗って向かったあの頃と、それほど遠くない時代のものだろうなと思った。

舟の乗り場

納涼船に乗り込む。

納涼船が何隻か係留されているのは、昔と変わらない。

しかし川の上部が高速道路で覆われて空が隠されてしまったのは、私の子供の頃とは大きく違う。

ずいぶん窮屈に感じる。

レインボーブリッジが見えてきた

山手線や新幹線の鉄橋の下を通り、いくつかの橋をくぐってしばらくすると、レインボーブリッジが見えてくる。

目的のお台場海浜公園前に広がる海は、すぐ目の前。

あっという間についてしまう。

屋形船の屋上へ

夕闇が迫ると、あちらこちらからたくさんの納涼船が集まってきた。

各船は、この付近に停船して、中では納涼の宴が開かれる。

東京湾でとれた天ぷらなどに舌鼓を打ち、さらにはカラオケの競演で盛り上がる。

そんな時に船の屋上に上がってみると、船頭さんが屋根の先で座り込み、海を見つめて涼んでいる。

最近の納涼船には大型のクーラーがついているが、自然の涼しい風の心地よさにはかなわない。

湾岸の都市の風景はこの50年で大きく変わった。

海沿いに高層ビルが立ち並び、海からの涼しい風が入らないことも、都心の夏を厳しいものにしている要因の一つといわれる。

今も、浜松町駅の近くでは、国際貿易センタービルをしのぐほどの巨大なビルが建設中だ。

都心と海との空気のやり取りがますます窮屈になってきそうで、手放しては喜べない。

アイスを販売する船がやってきた

宴会が続く中、窓際で人の声が聞こえた。小船が近づいてきたのだった。

納涼船を回って、アイスクリームを売ってあるく船だった。


夏の夜は、この海岸まで走ってくることが多く、浜辺からは遊覧船を何回も見てきた。

でも、こうして働く船がいるのを知ったのは初めてだった。


「人集まるところに商機あり」

時代が変われど、「商魂」が健在であると、改めて確認した納涼の晩。

「ご苦労様です」と思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR