ハナショウブの季節



アクアボード

5月26日。お台場海浜公園。

初めて見る光景が広がっていた。

噴射装置の付いたボードに乗って、人が空に浮いていた。

こんなふうに回転したり

時折、こんなふうに回転したりする。

あとで調べると、これはアクアボードと呼ばれる新しい水上スポーツだった。

この夜、この場所で開かれた「未来型花火エンターテインメント」と銘打った有料イベントに参加するイベントの一つで、パフォーマーが練習をしていたのだった。

新しい技術が生まれると、それに伴って新しいスポーツがどんどん生まれてくる。

まさに「遊びをせむとや生まれけむ」だ。

初夏の空

6月5日。
東京港では夏空が広がっていた。

まだ、梅雨の気配は感じられない。

東御苑の二の丸庭園

6月7日。皇居東御苑の二の丸庭園。

小堀遠州が築堤したという庭園に、ハナショウブを見にいった。

初夏の色合い

やはり、この庭園のハナショウブはとても美しい。

まるで絵葉書のようだ。

ハナショウブ2

この日も、訪問者の半分近くが外国人だった。

「きっと日本の庭園、日本の花の美しさに魅せられているに違いない」

そう思うと、誇らしくも感じた。

そしてこの日は、その足で荒川の堤防に行き、走っていた。

堀切菖蒲園

堀切橋まで来ると、近くに「堀切菖蒲園」があるのを思い出した。

せっかくだからとランニングコースから外れて、あの有名な菖蒲園を訪ねてみた。

ちょうどハナショウブの花盛り。

東御苑の数倍もの株が植えられていて、今が見ごろになっていた。

白竜の爪

この花は、名札を見ると「白竜の爪」とある。

遠目で見ると、なるほど白い爪のように見えた。

写楽

これは「写楽」と名がついている。

そういわれると、この花の存在感と自己主張は、何となく謎の浮世絵師・写楽に共通するように見えてくる。

沖の波

これは「沖の波」、なるほど遠くに白波が立っているようだ。

中村汀女の句

たくさんのハナショウブの陰に隠れるようにして、中村汀女(1900~1988)の句碑が見えた。

「花菖蒲 かがやく雨の 走るなり」

昭和59年6月20日、ここを訪れた際につくったと書かれている。

”かがやく雨”という言葉が印象的だ。

花盛り

現在、沖縄、九州から関東・甲信まで梅雨入りしたとみられると気象庁は発表している。

しかし、これまでは全国的に雨量が例年より少なく、今後の推移次第では水不足も心配される。

昭和53年の夏、福岡は記録的な水不足になり、喫茶店に入っても水が出ないということがあった。

その翌年、福岡に転勤したので、深刻な水不足の話をあちこちで聞いたことを覚えている。

近年、各地で深刻な気象災害が頻発。その激しさは、自分が子供だった頃より、明らかに増していると感じている。

地球温暖化に伴う影響だと多くの人が感じているのに、そのための対応の足並みがそろわない。

「残念なこと」と言って、済ませていい問題ではないのだろう。


最後にアクアボードの動画をご覧ください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR