季節は初夏へ~花と台場と豊洲の5月

進む道路建設・豊洲市場近辺

移転をめぐって混迷が続く豊洲新市場の周辺では、騒ぎをよそに、周辺道路の整備が着々と進んでいる。

この写真は、晴海大橋の上から撮影したもの。

ブルーの建築資材に覆われているのが建設中の高速道路で、

ちょうど「ゆりかもめ」のレールの上を高速道路がまたごうとしている。

写真右手に見える建物は、豊洲新市場の建物。

写真に写る道路を、手前から後方に進むと、銀座4丁目の交差点に行き当たる。

銀座三越や和光堂がある交差点だ。

豊洲大橋

こちらの写真は、あたらしく造られた豊洲大橋。
ゆりかもめの「市場前」駅から撮影したものだ。

まだ、一般の車は走ることができないが、工事用の車両は頻繁に通行している。

この橋をわたって、まっすぐ進むと、築地市場に行き当たる。

その築地市場では、つい先ごろ、地下のボーリング調査の結果、環境基準を超える土壌汚染が明らかになり、移転問題は一層混迷を深めている。

昨年11月の移転予定日から、もうすでに半年が経過してしまった。

あしかがフラワーパークの雷鳴

毎年、大型連休の頃になると、あしかがフラワーパークから、藤の花が見ごろになったとメールが届く。

案内に誘われて、久しぶりにバスツアーに参加して藤の花を見に行ってきた。

訪ねたのはみどりの日、
「大気が不安定」との天気予報通り、夕刻から「一転にわかに掻き曇り」、ご覧のような雷鳴に見舞われた。

藤の大木

しかし、激しいにわか雨と雷鳴のおかげで、それまで外国人観光客も含めて混雑していた藤の大木の周辺から人影が消え、

ゆっくりと見事な花を観賞し、写真を撮ることができた。

羊山公園の芝桜

こちらは、秩父市の羊山公園の芝桜、あしかがフラワーパークに行く前に訪れた。

秩父市のシンボル「武甲山」を背景に、絵葉書のような写真が取れた。

こちらでも、外国人旅行者に多く出会った。

晴海ふ頭に自衛艦

5月9日、レインボーブリッジを走っていると、ふだんは大型観光船などが係留している晴海ふ頭に、見慣れない船が止まっている。

自衛隊の艦船のようだ。

北朝鮮の弾道ミサイルの発射で、東アジアの緊張が高まっていることと関連があるに違いない、と思った。

堀切水辺公園

5月25日、荒川堤を走った。

荒川の左岸。葛飾区堀切にある[堀切水辺公園」。

この場所からすぐ近くに江戸時代から続く「堀切菖蒲園」がある。

ちょうど今頃「見ごろ」を迎えているはずと思ったが、この日は立ち寄らずに荒川左岸をさらに北上した。

千住大橋

千住新橋から国道4号線・日光街道に出て南下する。

隅田川にかかる千住大橋に差し掛かる。

奥の細道で、芭蕉が深川の庵を船で出て隅田川を上り、ここから歩いて陸奥(みちのく)へと旅立った場所だ。

橋の名前も、橋の上部の鉄骨に、単に「大橋」とだけ書かれていて、それなりの矜持と風格が感じられる。

橋のたもとには「矢立初めの地」と書かれた碑が建っている。

芭蕉の「奥の細道」の旅は1689年・元禄2年のこと、今から328年前になる。

「奥の細道」冒頭の
「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。
舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらえて老いを迎ふる者は、日々旅にして、旅を栖とす。
古人も多く旅に死せるあり。
予も、いづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず・・・・・」

このくだりは、日本の文学史上屈指の名文句だと思い、ボケ防止のために、時々電車の中などで口ずさんている。

千住大橋の下には、奥の細道に旅立つ芭蕉と曽良の絵も描かれていて、絵を見ながらその文句を思い出していた。

浅草寺五重塔

ここからさらに南下し、三ノ輪から国際通りを経て浅草に向かう。

三社祭は先週に終わったばかり、しかし、この日も外国人をはじめたくさんの人たちで賑わっていた。

五重塔の下では、まだつつじの花が色鮮やかに咲いていた。

季節は、そろそろ梅雨へと向かう。

長期予報では、今年の夏は暑くなりそうとのこと。

地球温暖化について関心を持たざるを得ないが、、その面からもアメリカ大統領の動向から目が離せない。
近頃、きな臭い話ばかりで、かなり心配だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR