外国人が目立った東京マラソン

1位が通過

11回目を迎えた東京マラソン。
今年からコースが変わって、ゴールが東京駅前となった。

このため、これまではコースの前半に設定されていた港区芝から品川にかけてのコースは、後半のコースに変更になった。

都庁をスタートし、銀座、浅草、門前仲町などを走ってきたトップランナーが、ようやく姿を見せた。

2時間3分58秒のタイムでゴールしたキプサング選手などケニアの2人の選手だ。

市民ランナーが続々

市民ランナーたちの姿がこのコースを埋めるようになるのは、先頭ランナーが通過して1時間もたってからになる。

画面の左側はゴールの東京駅前に進むランナーたち。ゴールまで残り4キロほどのところだ。

品川の折り返し点に向かう方が多い

前の写真からカメラを右に振って、写したもの。

右手、突き当りの田町駅前から品川駅近くの折り返しに向かい、帰ってきたランナーが右側のコースを走っている。

外国人は6人に一人

沿道で応援する方としては、こうしてランナーの数が多くなってくると楽しい。

仮装をはじめとして、それぞれが走りを楽しんでいる様子がよくわかるからだ。

左の2人、日の丸の鉢巻きをしているのは外国人だ。

マイケルジャクソン?

これは、マイケルジャクソンの仮装でしょうね。

仮装ランナーが多くなる

ラテン系の踊りでもする人なのでしょうか。

そういえば、これまでの大会では、阿波踊りの連の人たちがまとまって走り、途中所々で立ち止まっては、阿波踊りを披露していたっけ。

今回は参加していたのかどうか、私は確認することはできなかった。

ペアの衣装が目立った

この二人は、同じ衣装で統一、よく目立った。

今回、ランナーを撮影した写真を後で見直していると、外国人の数が大変多いことに気がついた。

日の丸を腹に付けて

この人は、日の丸をおなかのところに付けている。

日本への思いが感じられて、こちらも応援したくなる。

女城主景虎?

これは、大河ドラマ「女城主景虎」を意識したものかと思ったのだが。

ショールを手放せない外国のランナーのようだった。他にも、もう一人見かけた。

大会のホームページで調べると、フルマラソンを走った3万5千人余りのうち外国籍ランナーは6241人。

率にして17.6パーセントになる。つまり、6人に1人の割合だ。

アッポーペン

こちらは日本のランナーのよう。

手にリンゴとペンを持っているのが分かる。

お相撲さんの恰好

どこまでが張りぼてなのか、
ゼッケンもよく見えないので、本当にまわし姿で走っているように見えた。

視覚障害のランナーも

かなりの年配の方が、こうして走っているのを見て、私も元気をもらった。

完走を目指すペースメーカー

マラソンの制限時間は6時間40分。

完走を目指すためのペースランナーと選手の一団が、走ってゆく。

ここがランナーのほぼ最後尾。

ランナーが通った後は、ゴミ拾い

ランナーの姿が見えなくなると、沿道にいるボランティアたちが、道路上のごみを拾い集めていた。

路上に、ごみは全く見えない。

収容バスが通って、大会は終了

そして、「収容」と書かれたバスなどが、その後を追う。

こうして今年は、穏やかな天気に恵まれ、何事もなく終了。

大会を支えた多くの方の努力に心から拍手を送りたい。

また来年も、こうして安全で楽しい大会であってほしいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR