2017年1月のスナップ写真から

台場の河津桜

1月19日、大寒を翌日に控え、一年でも一番寒いころだ。

お台場の第三台場まで走った帰り道、レインボーブリッジのすぐ下のところの木に花が咲いているのに気が付いた。

河津桜のプレート

早咲きで知られる「河津桜」だった。

お台場を築造してから150年を記念して植樹されたもの。

伊豆韮山の代官・江川太郎左衛門英龍が、台場の築造を手掛けた縁による。

開花の発表があるレベルの咲き方

十輪以上は優に咲いているから、「開花宣言」を出してもよい状態になっている。

春は着実に近づいてきている。

鷹匠イベントの看板

こちらは、正月二日の浜離宮の入り口前。

浜離宮では、将軍家の庭として鷹狩りなどが行われた歴史があることから、鷹匠の技能を今に伝える人によるイベントが計画されていたが、鳥インフルエンザが各地で確認されていることから中止になった。

先日のNスペ「ウイルス大感染時代~忍び寄るパンデミック」によると、

近い将来、鳥インフルエンザウイルスがヒトからヒトに爆発的に感染する「パンデミック」が確実に起こると伝えていた。

鳥インフルエンザウイルスの増殖に適した温度は42度Cで、今のところは体温が36度のヒトには感染しにくい。

ところが体温が39度の豚が鳥インフルエンザに感染すると、豚の体内でヒトにも感染しやすいウイルスに変容する恐れがあるのだという。

専門家は「それは時間の問題だ」と語っていた。

いざ、そんな時を迎える前に、個人も社会もそれなりの準備と心構えが必要なのだとおもう。

箱根駅伝を真上から見る

これは正月恒例の箱根駅伝の一コマ。

これまでも、間近に走る選手の姿を何十年も見てきた。

今年は趣向を変えて、「ほぼ真上から」走る姿を写真をとってみた。

これは復路の最終・10区、早稲田の選手。

後ろに蹴りだした足が、これほどまっすぐ後ろに伸びていたとは、これまで全く気がつかなかった。

だから前への推進力となって、「1キロ3分」という私では絶対に走ることのできない凄いタイムで走れるのだと納得した。

ラーメンの名店のにぎわい

次は、築地の場外市場の写真。

去年11月に築地が豊洲に移転していたら、場外市場はこんなににぎわっていだたろうか。

ラーメンの人気店「井上」の前には長い列ができていた。

築地らしい飲み屋さん

こちらは、市場の周辺で見かけた飲み屋さんの看板。

毎朝、夜が明ける前から仕事がはじまる築地らしいお店の一つだろう。

市場は、仕事の開始も早ければ、終える時間も早い。

この日も、店の中をちらりと見ると、数人のお客さんが見えた。

築地市場が、もし去年秋に移転していたら、こんなふうに賑わっていたかはわからない。

とかく世の中は自分の期待どおりにはならないもの。

そして、アメリカでは新しい大統領の誕生。

一つ大きな不確定要素が加わって、今年はどんな年になるのか、誰にもわからない。

平穏な都市であることを願うばかりだが、さてどうなることやら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR