2016 師走を走る

公園通りのイルミネーション

12月になると、都内の各地で様々なイルミネーションが輝き始める。

渋谷の公園通り一帯では、深い青を基調としたイルミネーションが、街を照らしている。

渋谷公会堂から代々木公園を結ぶ通りは、見物客であふれていた。

ちょうど今日・12月10日はノーベル賞の授賞式、日本の大隅良典さんがその栄誉を受けている日だ。

この青色は、ちょうど2年前の2014年にノーベル賞を受賞した3人の日本人研究者がこの世に送り出した「青色ダイオード」によるものなのだろう。

そんなふうに思って、闇の中に浮かぶ幻想的な光をカメラに収めた。

築地の場外市場

こちらは、築地の場外市場。

まだ正月準備には早い時期だが、歩くのもままならないほどの混雑ぶり。

近くによると外国語が聞こえてくる。

板いっぱいに盛られたウニをおいしそうに食べる中国人女性、スティックに刺した卵焼きをほうばる白人カップルなどが目についた。

築地河岸

場外市場は、築地市場が豊洲に移転しても、この地から移転することはない。

以前駐車場などがあった場所に、築地の仲卸が60店舗ほど入った「築地魚河岸」ができて営業を始めている。

この写真は、築地魚河岸の2棟の建物をつなぐ渡り廊下の上から撮ったもの、画面左側に「海幸橋棟」が見える。

主にプロを相手にする店舗とのことだが、豊洲への移転がストップした現在は、一般客の姿が目立っていた。

お台場海浜公園

こちらは、お台場海浜公園。

毎年12月になると、このあたりには種付けした海苔網が張られる。

区立小学校5年生の野外観察としておこなわれているのだが、今年はまだそんな様子は見られない。

その代わり、何か看板が立っている。望遠で写真を撮ってみた。

あさりを育てている

「アサリを増やしておもてなし」

プランクトンを食べて海水をきれいにするアサリを増やすため、マットを敷いているという。

いったいどれほどの効果があるのか、気になるところだが、なんとしてもいい結果につながってほしい。

なお、学校のホームページを調べると、今年もまもなく、海苔の張り込み作業を行うとのことだった。

船揚げ場の建設中

お台場の観光遊覧船の船着き場の近くで、こんな看板を見かけた。

水陸両用バスの船揚げ場を作っているという。

以前、東京港内で、水陸両用バスが運行したとのニュースを見た覚えがあるが、現在は定期運航はないようだ。

水陸両用バス

江東区の小名木川と旧中川の合流点あたりを航行する水陸両用バス。

亀戸を起点に定期運航している。

バスの前方に見えるのが船揚げ場。

これがないと、水陸を行き来できない。

船揚げ場の場所

船揚げ場の建設場所は、こんなところ。

レインボーブリッジを前方に臨み、目の前には防波堤もある。

東京港内をレインボーブリッジから見る

レインボーブリッジを走っているとき、東京港内を悠然と進む遊覧船の「安宅丸」を見かけた。

江戸時代の将軍の乗る御座船をイメージした船で、日の出桟橋を起点に運航している。

近い将来、東京港を航行する水陸両用バスを、こんなふうにレインボーブリッジから眺めるようになるのだろうか。

このように世の中は、少しずつその姿を変えてゆく。

あと3週間で、また新しい年だ。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR