有明を走っていて見かけた「標識」

有明アリーナ建設予定地

今年はひざの故障でフルマラソンは一回も走れなかった。
まだひざの痛みは続くが、来年2月の京都マラソンにエントリーしたら当選してしまった。

「なんとしても走れるようにしなければ」と、少しづつ走り始めている。

11月3日、お台場周辺を走っていると、こんな標識を見かけた。

2020年の東京5輪で、バレーボールの決勝戦を行う予定で計画が進む「有明アリーナ」の建築予定地に建っていた。

有明アリーナ完成図

これが、完成予想図。

建設費の高騰のため、ボート会場などと共に、見直しが進められている。

建築主として名前が書かれているのは、小池百合子都知事。

木遣橋から見る

運河をまたぐ木遣り橋の上から、建設予定地を見てみる。

工事は全く手つかず、基礎工事も全く行われていないようだ。

今年1月に、総工費は約360億円、施工業者も決まっている。

ところが、オリンピックにかかる予算が当初考えられていたものより、大幅にアップする中で、見直しすることになり関係者の間で協議が行われている。

新設せずに、既設の横浜アリーナを活用するとの案もある。

ということで、標識には来年3月着工予定と書いてあったが、現地は、セイタカアワダチソウが敷地いっぱいに繁茂しするだけで、人の姿は全く見えない。

橋の先には豊洲市場

木遣り橋から反対車線の先を見ると、豊洲新市場の建物が見えた。

こちらも当初は11月7日の移転だったものが、盛り土騒動でオープンのメドは全くたっていない。

ウェイクボードの愛好者が

運河に目をやるとウェイクボードの愛好家が、練習をしていた。

静かな有明地区で、ボートのエンジン音だけが響いていた。

お台場海浜公園

こちらはお台場海浜公園。

ウェイクボードは五輪の新種目に採用されなかったが、お台場では新種目のスポーツクライミングや、スケートボードが行われる予定になっている。

また、トライアスロンと水泳10キロ競技もお台場での開催が、今のところ予定されている。

水泳に関して言うと、実はお台場海浜公園では、夏場の海水浴シーズンに海の中に入って顔を水につけることができない。

水質に問題があるからだ。

数年前から、水質改善に取り組んでは来ていたが、まだまだそんな段階にある。

競技関係者の中には、水質改善が早急に必要と語る声もあると聞く。

今問題になっている新しい五輪会場の建設について、各競技団体は、

後世への遺産として、ぜひ新しい施設の建設を進めてほしいというのが基本的なスタンスのようだ。

確かに、昭和39年の東京五輪で建設された丹下健三設計の「代々木体育館」のように、見事な遺産として、今に残る建物もある。

しかし私個人としては、立派な建物よりも、東京湾の水に顔をつけることができるような環境改善こそ最も優先順位が高いのではないかと思っている。

こちらもそんな簡単に解決するわけではなく、費用も莫大にかかることだろう。

しかし、それこそが未来へ残す遺産として、今、最も大切なものではないかと思うのだが。

どんなものだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR