赤穂浪士の故郷を訪ねる

2月27日 飛行機から富士山が見えた

2月27日、姫路城マラソンにエントリーしていたので、姫路に向かった。

ひざを痛めて、走るのは絶望的だが、奇跡的に回復して走れるかもしれない。

参加は無理でも、姫路城をはじめいくつかの名城を訪ねてみればいいと、朝9時発の伊丹行きの飛行機に乗ったのだった。

富士山頂の雪はだいぶ少なくなり、春近しを感じさせた。

奥にうっすらと見える日本アルプスの山々も、山頂近くにわずかに雪を残すだけになっていた。

JRを乗り継いで赤穂へ

伊丹空港から三宮までは高速バスに乗り、そこからはJRの快速で終点の播州赤穂駅に向かう。

姫路で、マラソンの受付をする前に、赤穂浪士の故郷・赤穂を訪ねようと思ったのだ。

赤穂浪士の墓がある東京高輪の泉岳寺は、私の中学校からほど近いところにあり、毎年12月14日に行われる義士際には若いころから何度も足を運んでいた。

朝7時に現在住んでいる東京江東区の家を出てから、赤穂駅に着くまで6時間もかかった。

江東区といえば、義士たちが討ち入り決行直前に集まったのが深川八幡(今の富岡八幡宮)前の茶店というから、多少の縁を感じる。
(元禄15年旧暦12月2日、討ち入りの12日前のこと  注:以下、討ち入りの細部・詳細は「ウィキペディアの「赤穂事件」を参照している)

赤穂浪士たちの時代は、江戸に行くには自分の足だけが頼りだった。

赤穂から江戸まで、JRの距離でも700キロ近くあるから、歩いていけば健脚の人でも20日はかかる。

本懐を遂げるまでには様々な困難・苦労があっただろうが、現代人にとっては江戸に歩いて行くだけでも大変なことと実感。

播州赤穂駅前

かつて塩づくりで知られた土地柄を物語るように、赤穂駅前には温暖な風景が広がっていた。

平成28年現在の赤穂市の人口は、およそ5万人。

駅での乗り降りの人は少なく、静かだった。

駅から城跡を目指す

駅から赤穂城までは1キロ弱、沿道には城下町を意識した土産物屋さんや飲食店が続く。

塩田の写真

駅前には赤穂藩がつくった江戸時代の上水道の遺構があったが、かつての塩田を思い起こさせる風景は付近に見当たらなかった。

見たのは、お蕎麦屋さんのウインドウに飾られた、昔の塩づくりの写真だけだった(昭和と書かれていたから、それほど大昔の風景ではないだろう)

大手門

20分近く歩いて大手門にやって来た。

赤穂藩が取り潰しになり、幕府の使者に城を明け渡す映画のシーンが、脳裏に浮かんだ。

大石良雄邸長屋門

大手門を入ると二の丸、大石内蔵助邸の長屋門が今も残っている。

元禄14年の旧暦3月14日(新暦では4月21日)、江戸城・松の廊下での刃傷事件を伝える早駕籠が江戸を出発したのはその日の午後3時半ごろ。

それから4日半後の19日午前5時半ごろ、江戸からの使者がこの門をたたいたという。

片岡源吾右衛門宅跡

大石邸から程近いところに、「片岡源吾右衛門宅址」と書かれた石碑と案内板が立っていた。

説明板には、このように書かれていた。

説明版

説明の前段には「源吾右衛門は内匠頭と同年齢で、幼いころから君側に召し出された寵臣であった」とあるから、幼馴染に近い主従関係であったのだろうか。

切腹直前に顔を合わせた二人は、「主従ともに声なく、今生の別れを惜しんだ」との説明が切ない。

天守台から見る

天守台から、本丸内の表御殿址を写した写真。

赤穂城は、明治初めの廃城令によって廃城処分となり、大蔵省が売却用財産として処分するものに区分された。

このため多くの建造物は取り壊され、昭和の初めからこの場所には旧制赤穂中学の校舎が立っていた。

しかし、昭和46年には国の史跡に指定され、その後、本丸庭園などが国の名勝に指定されたりして、城の復元整備が進んでいる。

本丸内、表御殿

幕府からの城明け渡しの命にどう対応するか、

赤穂藩の300人余りの藩士たちが、1か月近くものあいだ、この場所で評定を重ねた。

熊本・細川藩下屋敷跡・切腹場所

討ち入りの翌年、元禄16年2月4日(新暦 3月20日) 義士たちは、武士として切腹することになる。

この写真は、以前も紹介したがもう一度見ていただきたい。

ここは、港区高輪にある大石内蔵助はじめ17名が切腹した場所。

切腹からちょうど400年を数える2003年3月、特別に公開されたときに写したものだ。

熊本細川藩の下屋敷の庭だったところだ。

ここで切腹の義士の名前

この中には、前述の片岡源吾右衛門や、堀部安兵衛を婿養子とした堀部弥兵衛の名前も見える。

碑の言葉

入口には、こんな説明も掲げられている。

古くから赤穂浪士が、日本人にとっての「正義」「名節」の一つの手本となってきたことは間違いないだろう。

庭先

そして、切腹場所の庭先。

熊本細川藩は庭先に、最高の格式である畳3枚を敷いて対応したのだと、ウィキペディアに書いてあった。

梅が咲き始めた赤穂城

2月27日、赤穂城本丸では梅の花が見ごろを迎えようとしていた。

もう春も近い。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR