昔の冬は寒かった~古民家で、そんなことを思った

一之江名主屋敷
 
初冬の穏やかな日、江戸川区に残る「一之江名主屋敷」を訪ねた。

江戸時代、付近の新田開発に主導的役割を果たした名主の屋敷だ。

敷地は2000坪あまり

敷地面積は2000坪あまり、地図で見ると、近くの中学校と同じくらいの広さがある。

主屋とその周辺に庭園、畑があり、周囲は屋敷林と堀でかこまれている。

安永年間の建築

茅葺きの主屋は、安永年間(1772~1780)に再建というから、今から250年ほど前になる。

何しろ、名主の邸宅だから敷地も広いし、建物も大きい。

囲炉裏

土間、板の間、座敷。
広々とした建物内で、火が身近なのは、この囲炉裏と、台所だけ。

天井も高く、見るからに寒そうだ。

炭を使った火鉢や炬燵はあっただろうが、冬を温かく過ごすのに十分であったとは思えない。

立派な家構えだが

名主の家だけに立派な外観だが、それでも隙間風は容赦なく入り込みそうだ。

ましてや江戸時代の庶民の家は、名主の家と比べれば普請も十分ではなく、冬の寒さは大変だったろう。

薪

薪割りだって力仕事だし、ひと冬分の薪を集めるのだって簡単ではない。

北海道開拓民の家・明治18年建設

これは、明治初期、北海道の釧路郊外に入った開拓民の住居の写真。

鳥取士族が開拓の中心で、当時の苦闘の記録が、釧路市の鳥取神社に併設された資料館に残されている。

氷点下30度にもなる厳寒の中で、冬を生きて越せるかどうかの中での開拓だった。

北海道、特に道東の冬の寒さは半端ではない。

気温は北海道ほどの厳しさではないとはいえ、江戸時代の庶民の住居が開拓民の小屋とそれほどの違いがあったとは思えない。

江戸の冬は、今よりずっと寒かったはずだ。

畑で見たものは

名主屋敷の畑をのぞいてみた。

左に見える赤いものは、唐辛子。

そして右には、何やら白いものが見える。

綿

近づくと、

綿の実がはじけて、綿の繊維が姿を現していた。

この古民家では綿を栽培し、昔の人がしたように、綿糸を紡ぐイベントを計画しているという。

綿を紡ぐ

綿を見ていると、東北の「刺し子」を思い浮かべた。

綿布などを重ね、糸で幾何学的な模様などを縫い込んだ刺し子は、美しく丈夫で、防寒着にぴったり。

現在のダウンのように重宝にされたのだろう。

刺し子

骨董市で見かけた古着。綿の素材で作られている。

この着物でどれほどの冬を過ごしたのだろう。

なんと45万円もの値札がついていた。

縁側の綿

今年は暖冬だという。

水温が下がらず、のりの生育が極端に悪いというニュースもあった。

とはいえ、一応は冬だから、それなりに寒い。私は鼻風邪もひいてしまった。

でも昔、自分が子供だったころ、冬は今よりずっと寒かった。

部屋にエアコンはなかったし、電気毛布、電気あんかもなかった。

お湯がすぐ出る温水器もなけれは゛、電気ヒーター、ガスヒーターだってなかった。

あったのは、火鉢と炬燵だけ。

よく、「股火鉢」と言って、火鉢の上をまたぐようにして座り、暖をとったものだ。

不格好だった。でもやらずにはいられなかった。

しかし今は、もう完全に「死語」。火鉢を見たことのない人も多い。

信長が好んだ幸若舞には、「人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢 幻の如くなり」とある。

平均寿命が、「人生50年」だった時代からどんどん伸びてきたことの背景には、

厳しい冬を乗り切るための「防寒・暖房システム、並びに医療の進歩」がある。

この半世紀、生活環境はずいぶん変わり、ずいぶん暮らしやすくなった。

しかし、その便利で温かい暮らしの背後に、地球温暖化への危険が潜んでいると、最近よく言われる。

確かに、便利で快適な暮らしを追求する中で、いま大きな曲がり角を迎えている。

地球温暖化を”他人事(ひとごと)”と思ってはならないのだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR