小名木川沿い~ジョン万次郎宅跡から北の湖部屋へ①

小名木川でハゼ釣り

2015年11月の末、天気のよい日に小名木川沿いを歩いた。

季節が秋を迎えると、小名木川には釣り人たちの姿が多くなる。「ハゼ」を釣る人たちだ。

獲物を覗き込むと、「これ、持っていくかい?」と声をかけられた。気のいいおじさんだった。

江戸時代の地図と小名木川


小名木川は、江戸時代に徳川家康の命で開削された運河。

東の「旧中川」から西の「隅田川」まで全長は4.64キロ、千葉・行徳の塩などを運び「塩の道」とも言われた。

この日は、ひざの調子が悪かったので、走りではなく、川に沿って歩くことにした。

JR貨物の橋

西に向かって2キロ余り歩くと、鉄橋が見えてきた。

廃線になった鉄道路線の鉄橋かと思っていたが家に帰って調べてみると、現役の鉄橋だった。

JR貨物の貨車が、平日に3回ほど、鉄道のレールを積んでここを通過しているという。

線路を左に進むと、イトーヨーカ堂の大型ショッピングモール「アリオ」が建っている。

ジョン万次郎宅跡案内

「アリオ」近くにある北砂小学校の入り口に、「中浜万次郎宅跡」の案内板が立っていた。

幕末から明治にかけて、西洋の事情を日本に伝えた人物として知られる「ジョン万次郎」だ。

案内板には、”明治元年、土佐藩に登用され、この地にあった土佐藩の下屋敷の中に住んでいた”と書かれている。

その後、万次郎は「開成学校(東大の前身)」で英語の教授になるが、合わせて11年間、ここで暮らしていたという。

ジョン万次郎写真

万次郎は文政10年(1827年)、土佐国中濱村(現在の高知県土佐清水市中浜)の半農半漁の家の次男に生まれた。

14歳の時、手伝いで漁に出て嵐に遭い、伊豆諸島の南にある鳥島に漂着する。

漂着から143日後、アメリカの捕鯨船「ジョン・ハウランド号」の乗組員が、ウミガメの肉を食べようと島に上陸したことで、幸運にも発見され救助される。

ジョン万次郎の「ジョン」は、この船の名前に由来する。(当時アメリカが、油をとるため捕鯨をしていたことは、現在の捕鯨環境を考えるうえで、とても興味深い)

万次郎は捕鯨船のホイットフィールド船長にかわいがられ、16歳でアメリカの小学校に入学することになる。

以降、熱心に航海術や高等数学も学び、アメリカの捕鯨船で一等航海士を務めるまでになる。

しかし望郷の念やみ難く、25歳の時、帰国。

幕府や薩摩藩の取り調べを受けるなか、海外を知る情報源として評価され、土佐藩校の教師として、武士として召し抱えられることになる。

26歳の時には幕府直参となった。

お台場を築造した江川太郎左衛門が「ペリーとの交渉の通訳として使いたい」としたが、

「アメリカに有利な通訳をする心配がある」として、これは実現しなかった。

しかし、幕末の万延元年、勝海舟や福沢諭吉らを乗せてアメリカまで往復した咸臨丸の航海では、語学力や航海術などを生かして大きな役割を果たしている。

万次郎は「ABCの歌」を日本で初めて広めた人物であるほか、
坂本龍馬も、ジョン万次郎から聞いた世界観に大きな影響を受けたという。

ジョン万次郎のことを知れば知るほど、「教育がいかに大事であるか」ということを実感する。

児孫のために美田を買うよりは、教育を与えてやるほうが、大切な財産になるということだろう。

遊覧船

川沿いの遊歩道に戻り、歩いていると遊覧船がやってきた。

スカイツリー下から、下町運河をめぐる定期観光船だ。

この船は、この先にある「扇橋閘門」を往復する。

扇橋閘門

「扇橋閘門」は、下町のパナマ運河と呼ばれる。

手前の江東区側には、かつて「江東ゼロメートル地帯」呼ばれた低地が広がっている。

このため、大雨などの災害を防ぐため、周囲の水門をコントロールして、地域内の川の水位を周辺部よりも低くしている。

写真手前の水位のほうが、前方の水門・隅田川につながる水位よりも低くなっている。

下町のパナマ運河と呼ばれる

扇橋閘門の近くには地上から近づけないため、いいアングルの写真は撮れないが、水位の高低差は約2メートルあるとのこと。

観光船のホームページでは、「水のエレベーター」と形容している。

今はマンションが立ち並ぶ

扇橋閘門を過ぎ、再び小名木川沿いの道を歩く。

かつては、物資輸送のルートとして、両岸には倉庫や様々な製造工場などが立ち並んでいたが、今は高層のマンション群が目につく。

もう間もなくすると、隅田川への出口に架かる万年橋が見えてくるはずだ。

北斎、広重などによって描かれた有名な橋で、これまでにも何回かご紹介した。

今回はだいぶ長くなったので、ここで小休止。

続きは、次回に紹介したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR