どっこい今も生きている②


富山チンドンコンクール

富山で見つけた「どっこい今も生きている」、今回はこれを紹介したい。

もちろん「チンドン屋さん」とは、かね・太鼓などでにぎやかに、開店・特売などのPRをして歩く街頭宣伝の人たちのことだが、

今では「チンドン屋さんを見たことも聞いたこともない」という子供たちも、きっと多いことだろう。

富山市では、毎年春、桜の季節に「全国チンドンコンクール」が行われ、

全国で活躍するチンドンマンが集まって、その技量を競っている。

昭和30年の第一回ポスター

コンクールが始まったのは昭和30年。

終戦直前の大空襲で街が廃墟と化してから10年、富山市は再生し始めた街に季節毎の祭りをつくり、街を活性化しようと考えた。

そこで企画されたのが「全国チンドンコンクール」だった。

当時、チンドン屋は戦後の社会の中で最も元気な存在だった時代。

関係者が「神田の繁華街で見かけたチンドン屋の姿が、そのヒントになったらしい」という。

とんま天狗の扮装

昭和30年代、人々に人気のあったキャラクターは、鞍馬天狗、旗本退屈男、丹下左膳などの時代劇の主人公。

そういえば当時、そんな時代劇を小学校のグラウンドに布のスクリーンを立て、むしろを敷いて見たことを思い出す。

杉作の絶体絶命のピンチに、白馬にまたがった嵐寛寿郎の鞍馬天狗があらわれると、思わず拍手。盛り上がったなあ。

テレビでは、大村崑さんの「とんま天狗」などが大人気。

チンドン屋さんも、そんな扮装が多かったというのもよくわかる。

映画スターをゲストに迎えたことも

昭和40年にかけて、チンドンコンクールもすっかり定着。

映画俳優をゲストに迎えるなどして、たくさんの観客を集めた。

アマチュアの参加も

私が富山を離れてから約20年、

時代の移り変わりの中で、「チンドン屋さん」は今も健在なのかどうか知らずにいた。

しかし、駅前の県のPRスペースにあるこの展示で、「チンドンマンとチンドンコンクール」は今も健在であることを知った。

平成22年のコンクールに参加したのは、全国から集まったプロが90人、アマチュアを含めると総勢400人にも上り、大いに盛り上がったという。

平成24年には、アマチュアから2組がプロに転向したと紹介されている。

今年で61回

今年の第61回コンクール決勝のビデオも上映されていたが、北陸新幹線をPRするグループの口上は見事なものだった。

新幹線はCO2の削減・環境にも良いとの内容を、チンドンや音楽を混ぜながら楽しく伝えていた。

宣伝媒体として、時代とともにその存在感を薄めてきた感のある「チンドン屋さん」だが、

すっかり消え去る運命にあると私が思い込んでいたのは、正しくないのかもしれない。

チンドン屋さんの周りには、いつも楽しく温かい空気が広がっている。

そのぬくもりが、デジタルの時代の中で、この仕事を長らえさせてきた大きな力となっているのだろう。

国道246であったチンドン屋さん

2年前、渋谷から世田谷に抜ける国道246号沿線をジョギングしていて、このチンドン屋さんと出会った。

開店10周年のPRだった。

なぜか、とても懐かしいものに出会ったようで、うれしかったことを覚えている。

写真を撮らせてもらったら、笑顔で応じてくれた。

この皆さんは、いま、どうしているだろう。

チンドンコンクールへ参加は? そして、まだ、元気に活躍されているだろうか。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR