伝統のブランド力


先月は、食べ物の管理が不十分で食中毒になり、生まれて初めての入院生活を体験することになった。

原因は、調理した料理を冷蔵庫にしまわず、しばらく食卓の上に放置していたこと。

食べた瞬間、「これは危ないかも」と思ったものの、体力というより内臓の消化力を過信したためゴックンと飲み込んでしまった。

4日後に強烈な食中毒症状が出て、病院へ。

1週間入院し、点滴、おかゆ生活を続けて退院するも、体調は完全に回復せず、元に戻るまで、ほぼ1か月もかかってしまった。

結局、丸一か月間走ることができず、足の筋肉はみるみるしぼんでしまい、最近では10キロを歩くようにして走るのが精いっぱい。

このため、走りながら写真を撮ることもなく、ブログの更新をすることもできず、残念な日々を送ることになってしまった。

皆さんも、どうぞ食中毒には、くれぐれもご注意ください。

まだ食欲もなく、今は、食べる楽しみが戻る日を楽しみに待っているという状態。

そこで、今回は、入院する前に「歌舞伎座」で出会った「食べ物」について書いてみたい。

幕の内弁当

歌舞伎座での楽しみの一つは、「幕間(まくあい)」に食べる幕の内弁当。

「幕の内弁当」という名前の由来は、”芝居の幕間・幕の内に観客が食べるもの”との説が有力といわれる。

中身はこんな具合

歌舞伎座の幕の内弁当の中身はこんな具合。

取り立てて特徴もなく、外観はごく普通だ。

カロリーも高そうではなく、ある年齢になれば、こちらの方が親しみを感じさせる。

こんな蒲鉾が

そして、左上のおかずを食べていくと、たまご焼きと焼き魚のあいだから、当初は見えなかったこんな練り物が姿を現した。

歌舞伎座の定式幕

歌舞伎座の定式幕を模した「かまぼこ」だ。

黒、柿、もえぎの3色で出来ている。

こんなものが出てくると、「これぞ幕の内弁当」とうれしくなってしまう。

こんな色の組み合わせも、歌舞伎という伝統文化が培ってきたブランドなのだと思う。

何も言わなくても、歌舞伎の色だとわかるところが凄い。

あんぱん

そしてこれは、以前「歌舞伎座の土産」として、知人からいただいた「あんぱん」。

中にあんこが入っている普通のあんぱんだが、歌舞伎の隈取風の絵がついてるので、特別なあんぱんに見えてくる。

「食べるのがもったいない」、そう思うほどうれしい「いただきもの」だった。

アンがたくさん入っていておいしいあんぱんだったが、それ以上に「記憶に残る」あんぱんとなった。

この時にも「歌舞伎という伝統の持つブランド力はすごい」と感じたのだった。

さて、これから暑い日が続きます。
どうぞ、健康には十分ご注意ください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR