両国を走っていて、出会ったもの

回向院の前で

両国まで走り、久しぶりに回向院の中に入った。

回向院はJR両国駅のすぐそばにあり、入り口前の案内板にその由来が紹介されている。
それにはこんなふうに書かれている。

”1657年に起きた振袖火事(江戸城の天主閣が焼け落ちた大火でもある)で、江戸の町では10万人以上の人が亡くなった。

その犠牲者の回向のために、4代将軍家綱がこの地に念仏堂を建てたのが、回向院の始まりで、

以来関東大震災や東京大空襲などの被災者だけでなくありとあらゆる生命が供養されている”

鳥居清長の墓

久しぶりの境内、入り口の近くでこんな墓石を見つけた。

墓石には、細身の美人が描かれた浮世絵が組み込まれている。どこかで見たような美人図だ。

調べてみるとこの墓は、写楽、北斎、廣重 春信、歌麿と並び江戸の浮世絵師を代表する一人・鳥居清長(1752~1815)のものであることがわかった。

清長はこの地に葬られたが、その後の地震や戦災などで墓が失われてしまい、

この墓は平成25年に再建されたものだという。

墓石の横に寄進者が記されていたが、その中に歌舞伎女形の坂東玉三郎さんの名前もあった。

何かゆかりの演目でも演じたことがあったのだろうか。

回向院には、この他に「鼠小僧」や「山東京伝」など著名な人物の墓があることは以前紹介した。

そして境内には、相撲関係者の慰霊のための「力塚」もあることでも知られる。

そう、両国・回向院といえば、「相撲」にゆかりの深い場所として広く知られている。

旧国技館があった

回向院の近くの案内板には、こんな説明が書かれていた。

”江戸時代、江戸各地で勧進相撲の興行が行われていた。

勧進とは、寺社の修復や再建の費用の捻出を目的としたもので、

勧進相撲は「め組の喧嘩」で知られる芝神明宮や、深川の富岡八幡でも行われていた。

ところが天保4年(1833)以降は、江戸での開催を回向院の境内が独占するようになり、

明治42年には回向院境内に「旧両国国技館」が完成した”

旧国技館 空撮写真

東京駅を設計した辰野金吾が監修した旧国技館の収容人員は、1万3千人という大きなもの。

昭和58年に、老朽化で解体されたが、その晩年には日大講堂として使われ、入学式などの際にニュースでもたびたび紹介されていた。

そして現在は、JR両国駅の北側に新国技館が建設され、今も両国は「相撲の街」としてその歴史を刻んでいる。

居住棟

旧国技館があった場所には、現在、大型の居住棟や商業施設の入るビルが立っている。

写真正面に木々が見えるが、そこは現在の回向院の敷地。

この写真の左手奥を見ると

土俵のあった所

こんなふうになっている。

実はこの円は、旧国技館の土俵があった場所を示している。

直径4.55メートルの土俵は、この場所にあった。

あの双葉山の69連勝など当時の熱狂や声援の中心は、この場所にあったのだ。

土俵の跡があることで、そんな思いもリアリティーを持って感じることができる。

横綱横丁

京葉道路から、両国駅へ通じる小路の名前は「横綱横丁」。

いかにも両国という町に相応しいネーミングだ。

今年も、間もなく夏場所が始まり、まげを結った男たちが、この街にあふれる。

現在の横綱3人はすべてモンゴル出身で、期待の若手の逸ノ城、照ノ富士もまたモンゴル出身というのは

さすがにちょっと寂しい気がするが。

日本橋両国でこんなビルが

両国橋を渡って、日本橋の方に走っていくと、こんな建物と出会った。

1階に書いてある英語の文字に惹かれた。

「As time goes by」

映画「カサブランカ」の中に登場する名文句だ。

ハンフリーボガートとイングリットバーグマンが、カサブランカの酒場で再開した時、その店で歌われていた歌詞の一節。

「時の過ぎゆくままに」と訳されることもある。

阿久悠の詞で、沢田研二が歌った「時の過ぎゆくままに」というヒット曲があったが、

カサブランカの中で歌われていた曲は

「女は男を、男は女を求める いくら時が流れようとも」というのが歌詞の意味だそうだ。

それにしても、この建物に、なぜあの歌詞が書かれているのだろう。

飲み屋さんビルでこの文句を見かけるのなら、何の不思議も感じない。

しかし、この建物にネオンサインは見えない。どうやら普通のマンションだ。

オーナーがあの名作の一場面に感動して、どうしても「あの名文句を」建物に掲げたかったのだろうか。

とすると、その背景に、一体どんなストーリーがあったのだろう。

映画に負けないくらいのドラマがあったのかもしれない。

しかし、想像が出来るのはそこまで、説明がある訳でもなく「謎は残ったまま」だ。

でも、こんな光景は、江戸情緒を色濃く残す「両国らしいのかも」しれない。

そんな思いを、一人得心しながら走っていたのだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR