荒川の桜と完走メダル~今年の4月

中川堤の桜

荒川近くに移ってきて、初めての桜の季節。

ここは、荒川と並行して流れる中川。

4月2日、練習のボートが満開の桜を横目に、すべるように目の前を通り過ぎて行った。

画面の奥の方に100mも行けば荒川、付近には「小松川千本桜」と呼ばれる桜の名所がある。

小松川千本桜

「小松川千本桜」。

4月6日、強い風に、桜は花びらを激しく散らしていた。

花吹雪

花吹雪の中、花びらを体に受けて、「なんて美しいの!」と感動している人がいた。

「花吹雪」 何度見ても、いくつになっても美しい。

「桜のはかなさと美しさ」、それを感じながら 私たちは「日本人となっていくのだろう」と思った。

新緑へ

4月17日、荒川沿いの桜はすっかり葉桜になり、新緑が目に優しい。

そして対岸に渡り、河川敷を走っていると、「水ぬるむ」を感じさせる風景と出会った。

荒川で何を採っている?

荒川の岸辺は水深も浅いようで、男の人が川に入り何かをしている。

どうやら、貝を採っているようにみえた。
いったい何がとれるのだろう。

そう言えば、5月に入ると大潮もあり潮干狩りのシーズンだ。

初夏も近い。

横浜マラソン完走メダル

そして今年の4月には、こんなニュースもあった。

3月15日に「完走した」はずの”横浜マラソンの距離が短かった”というのだ。

その主な原因は、首都高速を10キロほど走るというコース設定にあった。

高速道路入り口

大会事務局の説明によると、その原因は次のようになる。

マラソンコースの距離の計測は、「自転車計測 およびワイヤー計測によるものとする」と規定にあるのだが、

事前の計測時に、自転車で首都高を走れず、図面から距離を測っていたというのだ。

42.195キロの刻印も

また、計測の際は、コースの最短距離を計測(道路端から30センチ)する ということになっている。

高速道路以外では事前計測をしたのだが、「コースの右折時に右車線走行ができなかった」と事務局は説明している。

つまり、最短距離の測定ができなかったわけだ。

全コースの自転車計測が行われたのは、大会当日。

その結果、186.2メートル短かったことが判明する。

私はタイムが目的ではないから、「まあしょうがない、話のタネにすればいいか」で済むが、自分のベストが出たランナーにとっては腹立たしいことに違いない。

「参加者にはメールでおわびをする」とニュースでは伝えていたが、まだ私のところにメールは来ていない。

最近、町おこしや観光の振興に結び付けようと、マラソン大会を開催する都市が増えている。

今回、参加者の中には、高い旅費を払って参加したであろう外国人もたくさん見かけた。

そうした人たちに、どのようにおわびをするのか。

こうした件での事後対応も、「おもてなし」のとても大事な部分だろうと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はつよろです♪

なんだかファンになっちゃいました(v`▽´)v

わたしですね…このところついてなくて(汗)
すべり台を滑っても滑ってもゴールが無い感じなんて言えば少しは伝わりますか?
ものすごい急降下中なんです。。

そんなこんなで色んなブログ読み漁ってたらここで足が止まりました( ´∀`)不思議と心惹かれたんです。
め組のかったさんも色んな時間を過ごされてるんですよね。きっと。。

急なお願いで戸惑わせてしまうかもしれませんが
話し込んでみたいというか話しを聞いてもらえたらって気持ちを持たずにはいられなかったんです(o゚▽゚)o

連絡してくれたら有難いです。
もしも迷惑であればコメントごと私のこと消してください。
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR