自然界に直線はない~小名木川

小名木川

借家の近くを流れる小名木川。

隅田川から分かれて墨田区、江東区を一直線に流れる。

「自然界に直線はない」
バルセロナのサグラダファミリアの設計で知られるアントニ・ガウディの設計思想がそれであったと聞いた覚えがあるが、その言葉通り。

小名木川は自然河川ではなく、徳川家康の命を受けて1590年ごろに開削された運河、つまり人工河川だ。

万年橋・廣重

小名木川は、隅田川から分かれる形で、東の方に一直線に伸びている。

隅田川との合流地点に架かる橋が「万年橋」。

歌川広重は、その万年橋をこんなふうに浮世絵に残している。

万年橋だから亀を大きく描いていて、有名な作品の一つだ。

富士山が正面に描かれているから、小名木川の方から隅田川を望んだ構図といえるだろう。

江戸時代は、富士山がこんなにも近くにあったのだと思わせる。

今の万年橋

こちらは、現在の万年橋。

隅田川は画面の左側だ。


江戸中期の小名木川

江戸時代中期の古地図を見ると、こんなふうに描かれている。

小名木川を通じて、当時塩づくりが盛んだった行徳から塩が運ばれ「塩の道」ともよばれたという。

そのほか、東北から米も運ばれ、江戸の物流に大きな役割を果たしていた。

少し余談になるが、江東区は現在に至るまで、埋め立てによって面積が数倍も増加しているのだが、
この地図を見ると、現在の江東区役所がある場所は、当時はまだ海であったことがわかる。

中川舟番所

江戸時代には、旧中川との合流点に「中川船番所」が設けられていた。

そこから水路が各地につながっていて、幕府は江戸を出入りする船を取り締まっていたのだ。

昭和40年代

昭和40年の、小名木川の写真。

物を運ぶ船が何艘も見える。
まだまだ、小名木川は水運に大きな役割を果たしていた様子がわかる。

今の小名木川

今の小名木川。

小名木川の両岸は遊歩道になっていて、頻繁に走る機会があるが、船の姿は殆んど見かけない。

たまに見かけるのは、川に浮かぶゴミを清掃する船、
物を運ぶ船の姿を見たことは一度もない。

美しい水辺の風景が続いているが、生活感はなくなってしまったようだ。

旧中川との合流地点

江戸時代、小名木川と合流していた中川。

荒川との合流点に水門が作られ、今は池のようになっている。

ボートの練習にはもってこいの環境で、川沿いにはボートの艇庫もいくつかある。

そして最近は、先日も紹介した水陸両用車が水上運行をする場所にもなっている。


”ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。

よどみに浮かぶうたかたは、 かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

世の中にある人とすみかと、また かくのごとし”




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR