「江戸川競艇場」があったのは、荒川のすぐ近くだった

ボートレース江戸川

私のお気に入りのジョギングコースの途中に、江戸川競艇場(ボートレース江戸川)がある。

名前からすると、江戸川の流域にあるのかと思っていたが、なんと荒川のすぐ近くにあった。

地図で見ると

これが、最近よく走るジョギングコースの地図。真ん中を流れる太い水色で描かれた川が荒川。

このあたりは、隅田川を洪水から守るために明治末から20年かけて開削された人工河川、いわゆる荒川放水路にあたる。

その右側の細い流れは中川。
古くからの流れで、荒川放水路はこの中川の河口に向けて開削された。

地図の下の方が、河口にあたる。地図の左側が江東区、その対岸が江戸川区だ。

江戸川競艇場(ボートレース江戸川)は、写真の右上のところにある。

(赤い線は、ある日のジョギングの軌跡で、全部でおよそ10キロほどの距離になる)

この地図の下流に架かる橋は、「葛西橋」。

葛西橋を江戸川区側に向けて渡る

葛西橋を荒川区から江戸川区に向かって走る。

すると、前方に高架の高速道路が見えてくる。

実は、高速道路は、荒川放水路と中川の間にある堤(つつみ)の上に建設されている。

近くに行って見ると、こんな具合だ。

高速道路の下

この高速道路は、都心から北に向かう基幹道路だから利用された方も多いことだろう。

左側が荒川放水路で、右が中川。

河口から2キロ地点

河口から2キロ地点に案内板が立っていた。遠くにはスカイツリーも見える。

この付近の堤は中堤(なかてい)といって、現在、堤を高くしてより水害に強くするための工事をしている。

写真右手方向が上流になる。

ここから上流20キロの北区・岩淵に水門があり、荒川は、そこから隅田川と荒川放水路とに分かれている。

洪水の危険がある時には岩淵水門を閉じて、水を荒川放水路から一気に東京湾に流し、隅田川流域の水害を防ごうというものだ。

荒川放水路

荒川放水路は全長が22キロというからハーフマラソンの距離、幅は500メートルもある。

実際の流れに沿って走ってみると、その工事の規模の大きさに圧倒される。

ボートレース

そして、高速道路の下を北上すると、右手に「ボートレース江戸川」のレース場が見えてくる。

タイトルでも紹介したが、この水面は江戸川ではない。
ただ地番でいえば江戸川区にあるから、誤りと云うわけでもないが。

この競艇コースは河川の水面を利用したもので、日本で唯一なのだという。

満干潮や強風の影響もあって、レーサーにとっては操船技術が難しいコースだと、ウィキペディアに書かれていた。

別の日にここを通った際、運搬船がこの水面を通過していったから、レース開催にあたっては水上交通のコントロールも、手間がかかりそうだ。

競艇場内

写真を撮ったこの日は平日の午後、お客の数はそれほど多くなかった。

冬ということもあって、建物の中から観戦しているのだろうか。

家に帰り、いわゆる公営ギャンブルの最近の売り上げはどうなっているのか、調べてみた。

平成21年の売り上げは 

中央競馬が約2兆5900億円、次いで競艇が9200億円、競輪7200億円、地方競馬3600億円、オートレース970億円。

いわゆる公営ギャンブルの中では、競艇の売上高が2番目だから、ファンの数もそれなりに多いのだろう。

ところが、公営ギャンブルの売り上げはいずれも右肩下がり、平成初期のピーク時に比べて、競艇は42パーセントに落ち込んでいる。
(競輪と地方競馬は37パーセントとさらに大きく減少、中央競馬は65%)

この「ボートレース江戸川」を主催・運営しているのは、八王子、武蔵野、昭島、調布、町田、小金井の6つの市から成る競艇事業組合。

この場所から遠く離れた東京都下の市が運営にかかわっていることが、すこし不思議な気もした。

組合規約を見ると、「必要経費を除いた収益を6市に配分する」とある。

高齢化が進み、何かと行政経費が増加する昨今にあって、市にとってみれば貴重な収入源であるに違いない。

ところが、右肩下がりの売り上げの低迷、これからも一部の自治体の財政を支えてゆくことができるのかどうか。

台場や沖縄などにカジノを作る計画などもあり、公営ギャンブルを巡る環境もこれから大きく変わってゆきそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR