お台場で、こんなイベントに出会った

潮風公園
10月2日の日曜日。まずまずの天気に恵まれたお台場の潮風公園。
久しぶりにテントがたくさん並び、大勢の人が集まっている。ジョギング中、思わず引き寄せられ、覗いてみた。

こんなものが売られている
こんな服を売っている。ハワイアンセレクションと書いてある。

観客の中心は30代か
ステージ前には、子供連れの若い夫婦が目立った。中心は20代から30代の女性たちだ。
ステージでは、次々にと出演者が登場。南国の音楽が絶えることがない。



家に帰ってから、このイベントをネットで調べてみた。
イベントの名称は「ロコモコサンセット フィール・ザ・マナ2011」というらしい。
(映像のダブり表記は フィールドとしてしまったが フィールの誤り)
どうやら、ハワイやタヒチの魅力にはまってしまった人たちの集まりのようだ。

ジョギングの途中だったので、長くは見られなかったが、イベントは夕方5時までの予定となっていた。
ハワイ・タヒチのファンがこんなにたくさん集まったのを見るのは初めてで、意外にファンが多いのだなと感じた。

Tシャツが
家への帰路、レインボーブリッジへ続く砂浜で、こんなイベントが開かれていた。

川合俊一
「海辺を守ろう メッセージアート展 2011」とある。
メッセージやイラストをプリントしたTシャツが並んでいる。
隣に見えるのは、川合俊一さんの作品。

人影は少ない
この辺りの人工海岸は、お台場でも最も美しい場所の一つ。ゆりかもめで行くと、ショッピングモールを超えて、かなり歩かなくてはならない。
なので、人影は普段からあまり多くないが、この日もここまで足を運ぶ人はあまり多くなかった。

でも、ここはお台場に行ったら必ず行ってほしい場所。
さらに、レインボーブリッジの近くまで足を延ばして、このブログの一回目で紹介した「第三台場」も、ぜひ行ってほしいポイントだ。

都心にあってリゾートの雰囲気を持ち、さらに歴史の香りも漂う。
今がベストシーズンかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR