都心のビーチの賑わい

ダイバーがゴミ集め

6月15日の日曜日、真夏の日差しが照りつける中、お台場まで走った。

レインボーブリッジを渡り終えてお台場海浜公園に来ると、ダイバーの人たちが海中で集めたごみを仕分けているところに出くわした。

「東京ベイクリーンアップ大作戦」と書かれたかシャツを着ている人もいて、海の清掃をしていたのだ。

家に帰ってから「東京ベイクリーンアップ大作戦」を調べると、

「東京港を泳げる海へ」をスローガンに、「港区スポーツふれあい文化健康財団」が、毎年6、9、11月の3回実施している活動とのことで、今年で19回を数えるという。

この海岸では、2020年の東京オリンピックで、トライアスロンや水泳の10キロ競技が予定されているだけに、五輪の時にきれいな海でないと都民としては肩身が狭い。

人工の海岸

ちょうど2週間前、NHKの自然番組「ダーウィンが来た!」で、このお台場海浜公園の海岸が紹介されていた。

それによると、1970年代に東京湾には汚れた水が大量に流れ込んで以来、環境が悪化、
貧酸素化が進み、漁獲高は減少したまま現在まで横ばい状態が続いているという。

そのメカニズムはこうだ。

東京湾に窒素やリンなどの栄養分を含んだ排水などが大量に流れ込んだために、プランクトンが大発生。

プランクトンの死骸を微生物が分解する際に酸素を消費するために、

東京湾は貧酸素化が進み、死の海に変わって行った。

しかし今、東京湾は、死の海からゆっくりと復活しつつあるという。

東京湾の環境浄化に活躍しているのは何かといえば、それは「アサリ」。

アサリが貧酸素化の原因となるプランクトンを食べることで、海をきれいにしているとのことだ。

その結果、水がきれいになって海中に太陽光が届くようになると、アマモなどの植物が繁茂し、光合成で酸素が作られ、酸素が供給されるようになる。

今、この付近の海には小エビを求めてハゼが集まる他、ボラやクロダイの稚魚たちも集まって来ている。

「ダーウィンが来た!」では、そんな海中の様子も紹介されていた。

海岸で掘り起し

ダイバーたちのすぐ近くの浜では、何組かの人たちが砂浜を掘り起こしていた。

いつもは、この浜では掘り起しが禁止されているが、「東京ベイクリーンアップ大作戦」の日には許可されている。

「砂浜の浄化能力を高めるため」と説明されていた。

貝がこれだけとれた

すれちがった若い男性が、海岸で掘り出した貝を手にしていたので、写真を撮らせてもらった。

ハマグリによく似た「ホンビノス」という外来種を始め、アサリや赤貝が短時間の間で採れたと話していた。

ホンビノスは、低酸素にも強く、近年は日本国内でも広く流通するようになっている。

都心のビーチは真夏の装い

この日は、梅雨の晴れ間で、真夏のような暑さ。

浜辺は海水浴場のような賑わい、日焼けにいそしむ人たちの姿が目立った。

この都心のビーチは、これから真夏に向けて一層賑わいを見せそうな印象を持った。

神津島の砂を運んだ

お台場海浜公園は人工のビーチ。

これは以前、海浜公園の一角に建てられていた看板だ。

「この白い砂浜は、伊豆諸島神津島の青い海から運ばれてきました」と書かれてあった。

つまり、砂浜は神津島と同じ、

「ならば水質も、神津島に出来るだけ近いものになって欲しい」と思うのは、決して私だけではないはずだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR