からくり儀右衛門の墓

青山墓地

港区にある青山墓地で、広くて大層立派なお墓に出会った。

黒い石で作られた碑が立っていて、よく見ると写真の下に「東芝創業者」との説明が書かれていた。

田中久重

この人の名前は、田中久重(1799・寛政11~1881・明治14)、久留米市のべっこう細工師の家に生まれ、数々の素晴らしいからくり人形や優れた機械を残している。

彼は若い頃から発明や細工に才を発揮、

20歳のころには、祭りでからくりを披露して「からくり儀右衛門」と呼ばれるようになる。

碑に刻まれた「万般の機械 考案の依頼に応ず」との言葉は、久重が現在の銀座8丁目に出した店に掲げられていたものだ。

「ご要望があれば、どんなものでも作ります」というのだから、自らの技術に対する強い自信と自負とが感じられる。

確かに、今日まで残る久重の作ったものを見ると、大変すばらしいものばかり。

驚くほど精巧で、完成度の高いモノを作っていたことがわかる。

ある面では、「ものづくり日本」の先駆者といってもよさそうだ。

東芝の歴史

JR川崎駅のすぐ近くにある「東芝未来科学館」では、東芝の創業者として2人が紹介されている。

一人は田中久重、そしてもう一人は藤岡市助。

藤岡市助は、白熱電球を日本ではじめてつくった人で、「東京電機」の創業者だ。

田中久重が作った田中製作所はのちに「芝浦製作所」となり、「東京電機」と合併して東京芝浦電気・東芝が誕生することになる。

茶運び人形

東芝未来科学館では、「からくり儀右衛門」が作った人形の複製や映像が展示されていて、とても興味深い。

この「茶運び人形」はとても有名だから、ご存知の方も多いはず。

この人形がどんなふうに動くのかといえば、

「まず、お客様に向かってまっすぐにお茶を運ぶ、

そして、お客様がお茶を飲み終わって湯呑を戻すと

今度はUターンして、来た道を帰ってゆく」

というものだ。

儀右衛門の作るからくりは、

水力、重力、ぜんまい、空気圧など様々な力を利用していて、とても高度な仕掛けになっている。

文字書き人形

こちらは、映像で紹介されている「文字書き人形」。

「壽」という字を、筆遣いも鮮やかに、しかも顔の表情も豊かに書いていた。

見事というほかに言葉が見あたらない。

年表

感心するのはその技術だけではない。

いくつになっても目標を失わない生き方が立派だ。

久重(儀右衛門)は、50歳を超えてから京都で蘭学塾に入門する。

そこで医学、物理学、化学、砲術などを学び、発明力をさらに進歩させてゆく。

その後、佐賀藩に招かれた久重は、日本初の実用的蒸気船等を完成させる。

さらに明治6年・73歳の時に、久重は政府の要請を受けて東京に移り、現在の銀座8丁目に電信機の「田中製造所」を設立する。

これが東芝の前身となるわけだ。

50歳を過ぎてなお、新たな目標に向かって進む姿は、正確な地図を製作して世界を驚かせた「伊能忠敬」の生き方とよく似ている。

東芝本社

田中製作所は、久重が亡くなった後に芝浦に移転、今もその場所に本社がある。

移転当時、目の前にひろがっていた東京湾の海も、今は埋め立てで運河になり、
東芝も世界に知られる企業に成長した。

東芝未来科学館の案内の方の話では、

青山にある田中家の墓所には、東芝の幹部社員が時折お参りに行くとのことだった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR