「火の用心」の声が町内に響く

恒例「町会の夜警」

今年の冬も、「火の用心」を呼びかける元気な声が、芝新堀町内に響き渡った。

毎年、厳冬期に入る12月末から2月にかけて、「防犯・防火」を呼びかける町会の夜警活動が行われている。

夜8時から9時の間に、2つの家庭がペアとなって、町内を巡回してくる。

子供の声はよく通る

大人だけでなく、子供たちも巡回に参加している。

子供の声はよく通る。

そして、その声から、楽しそうな様子が伝わってくる。

私を含めた町内の大人たちは皆、「ご苦労さん、頑張ってね」と、子供たちの巡回を見送る。

子供たちにとっても、きっといい思い出になるに違いない。

女性の参加も多い

昔は、夜警に参加するのは男性と相場が決まっていたが、最近は女性の参加も多い。

防寒対策も万全、
カメラを向けるとご覧のポーズで応えてくれた。

期間は真冬の2か月間

町内をの隅々まで巡回して、所要時間は30分余りだろうか。

拍子木を叩き、スピーカーで「防火・防犯」を呼びかけて巡回すると、あっという間だ。

新堀町の隣り町・西応寺町にある「西応寺」は、江戸末期にオランダ公使館が置かれたところ。

今もこのあたりには、外国人が多く住み、祭りや餅つきなどの行事には多くの外国人が参加している。

今年の「夜警日割り表」には、オランダ大使館員の名前もあり、その雄姿を撮影しようと思っていたが、急遽日程が変更になり、残念ながら今年は撮影できなかった。

町内の隅々まで回る

町内に高層のマンションも増えてきた。

通りに出れば、大きなビルだらけ、町内の家並は昔とはずいぶんと違ってきている。

巡回の当番名簿を見ると、町内に暮らす人だけでなく、町内にビルがある銀行の人たちも参加していた。

災害時のことを考えると、マンションに住む人たちの参加が増えると、もっといいのだが。

タワーのライトアップ

私が巡回当番の夜、町内を一巡したあと東京タワーを見ると、色鮮やかなライトアップが目に入った。

調べると、スイスとの国交樹立150周年記念をテーマにした照明とのことだ。

「赤地に白十字」のスイス国旗をイメージしたものらしい。


ソチ五輪が始まってからは、五輪カラーをイメージしたライトアップが寒空に輝いている。

今年は、都内でも雪が多く降り、寒い日が続いていて、まだまだ火が恋しい日が続きそう。

皆さんも、どうぞ火の取り扱いにご注意ください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR