大人も「雪だるま」作り

13年ぶりの大雪警報

2月8日、立春を過ぎて4日

東京23区に大雪警報が出された。
2001年以来13年ぶりのことだ。

時折、雪は強い風に乗ってよこなぐりに降り、吹雪の様相となった。

交通渋滞、遅延、怪我・・等々、普通の大人にとっては迷惑な話だが、一方で「雪だるま」を作って遊ぶ人たちも少なからずいる。

お蕎麦屋さんの雪だるま

近くのお蕎麦屋さんが、店の角で雪だるまを作っていた。

商売道具の「なると巻」で目を書いているのが面白い。

眉は描かないの?と声をかけたら、創作意欲に火をつけてしまったらしい。

海苔で眉

早速、刻み海苔で眉がつけられた。

男らしく「さやえんどう」に変更

しかし、それでは「迫力が足りない」というので、さやえんどうに変更。

男らしく、強そうな顔になった。

ニンジンで高い鼻

ピノキオのように高い鼻もつけられた。

材料はニンジンだ。

胸に注目

そして完成。

おや? 胸に雪が盛り上がっている。

「何?」と尋ねると、バストだという。

てっきり男と思っていたが、女性の雪だるまとのこと。

完成形は、グラマーな女性の雪だるまだった。

「花の命は短くて」といわれるが、それよりもなお儚い「雪の命」、

明日いっぱい、永らえることができるかどうか。

明日は、都知事選挙の投票日。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR