お台場で「海苔」の刈り取り

刈取り開始

前回のブログで、お台場海浜公園での「海苔の養殖活動」をご紹介したが、1月18日の朝に、中間刈取りが行われたので見学に行ってみた。

11月から3月まで、レインボーブリッジは冬時間になっていて、歩行者やランナーは10時からしか通ることはできない。

このため、この日ばかりは、ゆりかもめに乗って台場海浜公園に行ったのだが、海苔ひびのある場所に着いた午前9時には、すでに収穫作業が始まっていた。

この時間だと、さすがに観光客の姿は見えない。

ただ、海苔ひびの周辺には、ノリ養殖を総合学習の時間で学ぶ港陽小5年の生徒や、この活動を支える木更津市の漁協の関係者、地元お台場の人たちが集まっていた。

海苔網についている

海苔ひびに固定された種網が見えた。

海苔が網に絡みついている。

吸引器で吸い込む

小舟に乗った人が、掃除機のような吸引器で、種網に着いた「海苔」を吸い取っている。

冷たい海に入って、その作業を手助けする人もいる。

育てやすい「スサビノリ」

収穫関係者に話を聞くと、

養殖している海苔は「スサビノリ」といって、病気に強く育てやすい種類ということで、「今年はこれまでのところ、極めて順調に育っている」と話していた。

家に帰ってから調べると、”今から50年ほど前に千葉県袖ケ浦奈良輪で「ナラワスサビノリ」の養殖が確立し、病気に強く育てやすいということで全国に広く普及した”と書いてあった。

江戸のころから隅田川下流域で養殖された「アサクサノリ」は味・香りともに一級品だが、干拓、埋め立て、水質汚染などで自生に適した環境が失われ、今では激減しているということだ。

こんなに採れた

これが、この日に収穫した海苔の一部。

子供たちのなかには、早速、海苔の感触を確かめてみる子もいた。

この海苔の一部は検査に回され、大腸菌や放射能などを調べて、食用に適するかどうかをチェックするという。

これまで過去の取り組みの中では、食用にするのに特に問題はなく、すのこで乾燥して作った海苔などが子供たちに配られてきている。

この日は、残りの海苔で「押し葉作り」が行われ、

2週間後の2月1日には、収穫と海苔すき体験、佃煮作りが行われる。

関心のある方は「お台場海苔作り」で検索して申し込めば、一般の人も参加できるとのことだ。

海浜公園

ここお台場海浜公園は、2020年の東京五輪では、トライアスロンと水泳10キロの競技が予定されている。

ところが去年の8月、イギリスのタイムズ紙が「お台場海浜公園の大腸菌の数値は安全基準を超える」との記事を掲載したと伝えられた。

さらに「昨年度、東京都内には、海水浴場としての水質基準をクリアーしている場所はない」との記事を見た記憶もある。

昨年までは、お台場海浜公園の海底に酸素を送り込んで、水質を改善する取り組みが行われていたが、現在は行われていない。

オリンピックに向けて、水質の面で問題はないのか、多少の心配がある。

手に着いた海苔

小学校の目の前にある海で、環境を学ぶ子供たち。

子供たちの「ふるさとの海」が、オリンピック会場として世界に紹介されるのは6年後だ。

しっかり準備を進めてほしいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR