日本野球発祥の地

日本野球発祥の地

「日本野球発祥の地」と記された碑が、神田錦町の学士会館の横に建っている。

学士会館といえば、先日「新島襄先生 生誕之地」の碑と出会った所。

いろいろと調べているうちに、学士会館の横に「日本野球発祥の地」の碑があることがわかり、皇居ランニングの際に訪ねてみることにした。

碑には、明治のはじめ、この地に東京大学の前身である学校があり、その学校で教えるアメリカ人教師によって「野球」が日本に伝えられたと書いてある。

ホーレス・ウィルソン写真

そのアメリカ人教師というのがこの人、ホーレス・ウィルソン。

東京ドームの中にある「野球殿堂博物館」で、日本野球界の基礎づくりに大きく貢献した人として、写真や経歴などが紹介されている。

ウィルソンは明治5年(1872)に、文部省に雇われて来日、第一番大学区第一番中学校(のちの開成学校、東京大学)で英語、数学を教える傍ら、生徒に野球を教えた。

野球殿堂博物館の展示によると、

ベースボールは、イギリスの「ラウンダーズ」などをもとにしてアメリカで生まれ・発展したゲーム。

今の野球に直接つながるルールが作られたのは1845年とのことだから、日本に伝わったのは、それから間もない頃と言えそうだ。

開成学校運動場

ウィルソンが来日した翌年、学校は開成学校と名前が変わり、立派な運動場ができて、野球は盛んに行われたという。

明治7年(1876)に行われた「外国人対東京開成学校」の試合では、当時33歳のウィルソンは3番レフトで出場したと紹介されていた。

(なお、ウィルソンは、1877年6月19日に、大森貝塚を発見したことで知られるE.S.モースを新橋駅に迎えたとも紹介されている。この日は、モースが鉄道車内から、貝塚を発見した日でもある)

初期の用具

野球殿堂博物館に展示されている、当時の野球用具の複製品。

キャッチャーのマスクは、剣道の面を改造したものだと云う。

なるほど、うまく考えたものだ。
「必要は発明の母」ということなのだろう。

明治11年(1878)には、アメリカ留学から戻り、新橋鉄道局に勤めていた平岡 凞(ひろし)が日本初の本格的野球チームを作るが、初期の段階で日本の野球シーンを牽引したのは一高をはじめとする学生たちだった。

正岡子規

正岡子規は、明治17年、東大予備門時代に野球を知り夢中になる。

打者、走者、四球、飛球など、子規が作った訳語は、現在でも使われている。

子規も、野球殿堂博物館で、ウィルソンと並んで日本の野球界に大きく貢献したとして、顕彰されていた。

一高のウィニングボール

これは、野球殿堂博物館で展示されている「一高のウィニングボール」。

右上は、慶応に勝った時のもので、昭和2年と日付が書いてある。

その左下は早稲田に7-0で勝った時のもの。

ボールには土が付き、戦いの跡を物語っている。

明治36年(1903)、早慶戦が始まり、

大正4年(1915)には夏の甲子園大会、

昭和9年(1934)に、米大リーグ選抜チームの来日、

昭和11年(1936)、7球団による日本職業野球連盟の創立と、日本の野球史はその後の歴史を刻み、今日に至っている。

子供のころ、狭い路地で三角ベースといって、2塁がなく1塁と3塁しかない変則ルールで野球をしたことを思い出す。

私たちの世代では、「野球」はプレーするにせよ、観戦するにせよ、最大の娯楽の一つであった。


日本に野球が伝えられ手から今年で141年、間もなく一世紀半になろうとしている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR