「忠臣蔵」義士祭の人出


12月14日は義士祭

12月14日は「義士祭」。

赤穂浪士が本所・吉良の屋敷に討ち入りをした日として、年配の人ならほとんどの人が知っている日付だ。

(元禄15年・1702年12月14日、これは旧暦だから太陽暦では1703年1月30日とのこと。
更に実際の討ち入りの戦闘は明け方だから、日付は旧暦で12月15日、新暦では1月31日ということになる)

私も四十七士の墓のある泉岳寺の近くの中学校に通っていたため、義士祭の当日には若い頃から何回も行っている。

今年は、たまたま別用で泉岳寺前を通ったところ、大勢の人出。

そうか、今日は義士祭だと気付いて、境内を覗いてみた。

土曜日ということもあってか、相当の混みようだった。

参道の土産物店もかき入れ時

義士祭以外の日は、お参りの人は数えるほどで、参道はいたって静かだが、この日ばかりは様子が違う。

お店の人も、討ち入り衣装の半纏を着て、とても忙しそうだった。

本堂前はお参りの人の列

中村錦之介、東千代之助、片岡知恵蔵、市川歌右衛門、大友 柳太朗 等々、昔の東映時代劇を見ながら育ってきた世代の人で、忠臣蔵、大石内蔵助、浅野内匠頭、という言葉を知らない人は皆無に近いのではないか。

ところが、先日、高校生と話す機会があり、「浅野内匠頭」の話をすると「知らない」とのことだった。

12月といえば、映画もテレビも「忠臣蔵が欠かせない」という時代があった。

そればかりか、講談、浪曲、そして三波春夫の歌謡浪曲と様々な忠臣蔵ストーリーが、12月になると世の中にあふれた。

時代が移り、近ごろでは12月になっても忠臣蔵の露出が激減したので、「さぞ、お参りの人出は減ったのでは」と思ったのだったが、そうではなかった。

この日は、本堂でお参りする人の列が長く続いていた。

本堂に掲げられている幕に描かれた家紋は、左が大石内蔵助の「痩せ右二つ巴紋」という紋どころ。

右は、赤穂藩浅野家の「丸に違い鷹の羽紋」だ。

写真左手の方に進むと、浅野内匠頭と夫人の瑤泉院、そして大石内蔵助以下赤穂浪士の墓があるのだが、この日は大変な混みようで、この日は墓所まで行くのをあきらめてしまった。

「まだまだ、忠臣蔵のファンは沢山いるのだなあ」と思いつつも、「これまで通りの人気が続いてゆくのは難しいのではないか」と思いながら、泉岳寺を後にした。

赤穂浪士の扮装の一団

その後、第一京浜から日比谷通りに入って、芝公園近くまで来ると、何やら時代劇の装束に身を包んだ一団が前方からやってくる。

先頭を歩いているのは、どうやら「大石内蔵助」のようだ。

後ろには、赤穂浪士の一団が続いている。

先頭の大石内蔵助さんに「これから泉岳寺に向かうのですか?」と声をかけると

「一緒に行きませんか」との返事。

「今、泉岳寺から帰ってきたばかりです」と話して、同道はご遠慮申し上げた。

恒例のパレード

行進をしている人が掲げる幕には「財界二世学院」と書いてある。

去年の義士祭の日、泉岳寺から本所・松坂町の吉良邸跡まで走ったのだが、その時、中央区役所の前に集合し、これから出発しようという「財界二世学院」の人たちと出会ったことを思い出した。

「財界二世学院」とは、その名の通り財界人の二世のための教育機関であったようだが、今の活動については、ネットで調べたのだが、よくわからなかった。

ただ、このパレードはすっかり恒例になっているようで、泉岳寺のホームページにも、行進の到着時間が掲載されていた。

沿道の人も大喜び

沿道の若い女性は、いかにも楽しそうな表情で、この行進を見送っていた。

ただ、この日比谷通りは明治時代に出来た道路で、江戸時代にはなかった。

財団法人 中央義士会が監修した「赤穂浪士の引き揚げ」という本には、赤穂浪士の一団は、日比谷通りから一つ海寄りの、第一京浜などの道を通っていると書かれている。

せっかくなら赤穂浪士たちが、実際に引き上げた道を歩いたらいいのにと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR