そうだ京都行こう ②小倉百人一首と小倉餡

嵯峨野を歩く

紅葉見物の定期観光バスで、高雄の次に訪ねたのは「嵯峨野」。

普段は静かであろうこの地も、紅葉の季節には、こうしてたくさんの観光客が訪れる。

門前に柿

あるお宅の門前では、こうして自宅で実った柿を販売していた。

昔、山口県の萩を訪ねた時、武家屋敷が並ぶ街並みで、同じように自家製の夏みかんが門前に並んでいた風景を思い出した。

秀頼首塚

嵯峨野で最初に訪ねたのは清凉寺。

境内には、豊臣秀頼の首塚が建っていた。

昭和55年、大阪城三の丸跡地から出土したものを、秀頼が再興した由緒を持つ清凉寺に収められたとのこと。

寺の案内には「首に介錯の跡がある」と書かれていた。

清凉寺の庭園

この清凉寺がある場所は、平安時代、嵯峨天皇の皇子で、源氏物語の光源氏のモデルでもある源融の別荘があった所だという。

本殿の裏にある庭の紅葉も美しく色づいていた。

紅葉

次に訪ねたのは「二尊院」。

正式には「小倉山 二尊教院 華台寺」という。

二尊院

門にある「小倉山」の額は、後柏原天皇から下賜されたもの。

ここは紅葉の名所であるとともに、歌人とのゆかりの深い寺でもある。

西行法師庵の跡

境内にある「西行法師庵の跡」。

西行(1118~1190)は、「願はくは 花の下にて春死なん その如月の望月のころ」という自分の詠んだ歌の通り、桜の季節、満月の下で死んだと伝えられる。

芭蕉をはじめ多くの歌人に影響を与えた人物として知られている。

碑の横には、西行の詠んだ歌が立っていた。

「我がものと 秋の梢を思ふかな 小倉の里に家居せしより」

小倉の里に住むようになって、秋の梢がとても親しいものになったとでもいうのだろうか。

時雨亭跡

そして、二尊院の堂宇が立ち並ぶ背後、小倉山の斜面の一角に「定家時雨亭跡」がある。

「小倉百人一首」は、小倉山の藤原定家の山荘で選定されたとされる。

その山荘がここにあったと、二尊院の案内に書かれていたので、訪ねてみた。

本堂の後ろの山道を、100mほど行くと、小さな家が建つほどの平地があらわれ、「時雨亭跡」との立札が立っていた。

途中に「スズメバチ、マムシがおります。注意してください」との立札もあって、多少不気味な感じもした。

しかし、そこからは嵯峨野の里を見下ろすことができ、見晴らしはなかなかのものだった。

厭離庵の案内

但し、「時雨亭」のあった場所については、他にも説があるようで、

二尊院の近くにある「厭離庵」へ通じる道には、「百人一首ゆかりの里」はこちらだと、こんな大きな看板が立てられていた。

小倉餡発祥の地

そして、今回のテーマである小倉山と小倉餡の関係だが

二尊院の境内にこんな碑が建っていた。

「小倉餡発祥の地」

説明

碑の裏には、説明があって、次のように書かれていた。

小倉餡発祥の由来

日本で初めて小豆と砂糖で餡が炊かれたのは平安京が出来て間もなくの八百二十年の ことであります。

当時、このあたり小倉の里に和三郎という菓子職人がいて、亀の子せんべいを作って いましたが八百九年に空海が中国から持ち帰った小豆の種子を栽培し、それに御所から 下賜された砂糖を加え、煮つめて餡を作り、これを毎年御所に献上されました。

その後、この和三郎の努力で洛西を中心に小豆が広く栽培され、江戸時代には茶道の 菓子にも用いられ、ハレの料理にも加えられるようになりました。(中略)

 平成十七年三月六日
          井筒八ツ橋本舗 六代 津田左兵衛建之

つまり、小倉百人一首と小倉餡の「小倉」は、共にここ「小倉の里」に由来するということを知ったのだった。

紅葉の馬場

二尊院の紅葉の名所「紅葉の馬場」。

平日でも、この混みよう。

新郎新婦の衣装に身を包んだ二人が、紅葉の下でポーズをとっていた。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR