達成!「地球一周分のラン」

年度別走行距離

ジョギングを始めて今年で27年目になる。

そして今年10月10日、49年前に東京オリンピックの開会式が行われたスポーツゆかりの日に、走行距離4万キロを達成した。

4万キロというのは地球1周分の距離で、走り始めた当時からの目標だったが、ついに達成できた。

走り始めたのは、我が子の運動会で走った際に足がもつれ、これはいかんと思ったことがきっかけだった。

以来ずっと走り続けているが、暫くの間は年間で800キロ程度、月間では60キロほどの走行距離だった。

その後は少しずつ距離が伸びたとはいえ、仕事に追われ、月に100キロ走るのが精いっぱいだった。

退職後はベースアップ

走行距離が大幅に増えたのは退職後だった。

お金がかからない上に健康にもよいので、「走り」が生活の中心となり、年間の走行距離は3000キロ前後にも増えた。

そして、その練習量をバックに、還暦の歳からフルマラソンに挑戦をはじめた。

ウルトラゴール

福島県内で行われた60キロ余りのウルトラでは、10時間の制限時間ギリギリにゴール。
大きな達成感を味わうことができた。

しかしその帰り、最寄駅から家まで歩くのがままならず、足を引きずってたどり着いたことを懐かしく思い出す。

この時は、両足の親指が「血まめ」になり、しばらくは「ペディキュア」をしたようになってしまった。

フルマラソン以上のレースの挑戦は、来月の神戸マラソンで10回目を数える。

走る時はいつもカメラを離さず、出会った風景を記録してきた。

そして、その様子をこうしてブログに書くことで、「走る」力にすることができた。

その副産物として、走った日本各地の素晴らしい風景を写真に収めることができ、それらは私の大切な宝となっている。

その中から、四季ごとに一枚の写真をご紹介しよう。

大横川で

春。桜の美しい風景に各地で出会っているが、これは桜の下で春眠をむさぼる若人の写真。

ここは江東区・門前横丁に近い大横川、桜の名所だ。

近くの東京海洋大学のボート部の学生たちが、満開の桜の下で気持ちよさそうに眠っていた。

「季節の春と人生の春」、二つの春を感じたことで印象深い。

隅田川沿い

夏。7月、夕立のあと虹があらわれた。

隅田川沿いの風景が美しかった。

富士山

秋は富士山。

去年11月、富士山マラソンを走りながら撮ったもの。

こんな美しい景色が見えると、走る力をもらう。

疲れを忘れて、元気になるから不思議だ。

石川門付近

冬。金沢城・石川門近くの冬景色。

走っているときに雪が激しくなった。

とても幻想的だった。

走っていると、いろいろな風景に出会えるので、疲れを忘れさせてくれる。

だから、走る時にカメラは欠かせない。

最後に、「4万キロ達成」の追記をひとつご紹介したい。

一等に当選

「4万キロ達成」の翌日、「みなと区民まつり」に立ち寄り、福引を引いたところ、なんと一等賞に当選。

ごらんの自転車が当たったのだった。

生まれてからこの方、宝くじをはじめ抽選で1等賞をとったことなど一度も無かったのに。


そんなことでこの幸運は、「走りの神様」からのご褒美なのかもしれないと、思ったりもしている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR