JR新橋駅の「SL広場」


SL広場

今年は9月に入っても、残暑の厳しい日が続いている。

9月2日に気象庁が発表した所によると、今年の夏は日本の平均気温が平年を1.06度上回り、1898年の観測以来4番目に高い「異常気象」だったとのこと。

この高温は、地球温暖化の影響もあるということだ

9月1日の日曜日、走れる気温ならば走るつもりだったが、余りの暑さに走りはあきらめ、散歩することにした。

ビル陰を選んで歩き、やってきたのはJR新橋駅の日比谷口の前にある、通称「SL広場」。

その名の由来のSL

改札口を出た正面に、SLが展示されている。

「新橋~横浜間に日本で初めての鉄道が開業して100年になるのを記念して、1972年(昭和47)に設置された」との説明があった。

だが、開業当時の「新橋駅」は、現在の新橋駅ではなく、ここから遠くない汐留地区にあった。

ターミナル駅が東京駅に移って、旧新橋駅は貨物のターミナル駅の「汐留駅」に代わり、「烏森駅」が2代目の新橋駅に代わったのだ。

従って、”「汽笛一声」の新橋駅は、この場所ではなかった”と紹介するのも親切のような気もするが、その説明はなかった。

それはともかくとして、

恐らく、この広場は、全国で最もよく知られた駅前広場ではないだろうか。

実際この地に来たことのない人でも、ここで行われたニュースなどの街頭録音は見ているはず。

「会社員のおじさんたち」が社会問題に熱弁をふるう様子は、度々テレビで紹介されている。

しかし、この日は、人影もほとんどなく、とても静かだった。

気温と説明

この時の気温は35度、東京では9月に入ってから2日連続で猛暑日を記録していた。

「広場では、夏の間、自動的に広場に雨水を給水し、打ち水をした状況を人工的につくりだしている」と書かれていた。

しかし、照りつける太陽のもとでは、その効果を実感することはなかった。

昔からおじさんたちで賑わった

今年は、日本でテレビ放送が始まって60年。

この写真は、テレビ放送が始まって間もなく、新橋駅前のこの場所で、テレビの受像公開が行われた時の様子。

映像を拡大して、スクリーンに投影している。

どうやら、画面は野球中継のようだ。

それこそ、黒山の人だかり。

そして、写真の右上のところに、競輪を広告するネオンサインのような灯りが見える。

川崎、花月園、平塚、小田原 という文字が読める。

そして今も、同じ場所に競輪の場外車券売り場がある。

昔と同じところに車券売場

その建物の壁面に、大きなポスターが張られていて、少し興味をひかれた。

そのポスターには、「顔より太もも」とのロゴが大きく書かれていて、写真はこんな風だ。

ガールズ競輪の広告が

これは「ガールズケイリン」と言う、女子のケイリンのPRポスター。

ネットで調べてみると、

写っている田中麻衣美選手は、女子ケイリンの一期生。

選手になる前はブライダルモデルをしていたとのことで、太もものまわりは58センチ。

モデル時代のウェストと同じとのことだ。

去年7月にデビュー、これまで1勝という戦績を残している。

日本の競輪の歴史は1948年に始まり、女子の競輪はその1年後の1949年から15年間開催されていたというから、歴史は古い。

昨年のロンドン五輪では、女子のケイリンが正式種目になっている。

日本で生まれたケイリンが、オリンピックで、男子・女子ともにオリンピックの正式種目になったことに加え、このインパクトのあるポスターの効果で、

女子ケイリンを目指そうという人が増えるような気がするが・・・

はたして、どうだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR