釧路湿原の奥へ


釧路川河川敷の下流はスポーツ空間

北海道では、パークゴルフというスポーツが盛んだ。

釧路の隣り・十勝の幕別町で生まれたスポーツで、ゴルフとよく似ているスポーツだ。

軟球ほどの大きさの木製のボールを、木でできたスティックで打ち、ホールに入れるのだが、ゴルフと違うのは殆んどの人が、スティックは1本しか使わないこと。

ゴルフのように打球が曲がらないので、技術的に難しくはない。

新釧路川の下流の河川敷には、芝の手入れが行き届いたパークゴルフ場がいくつもあり、この時期はたくさんの人達でにぎわっていた。

しかも、料金は無料。

お年寄りから小学生の子供と一緒の家族など、訪れる人の年齢幅も広い。

この日は、霧の多い時期には珍しく青空が広がっていた。

釧路川の右岸をさかのぼって、釧路湿原の奥まで走ってみることにした。

湿原大橋から奥

釧路湿原のうち、保護地と、開発地との境を走る湿原道路。

この写真は、湿原大橋から下流部・市街地の方向をを写したもので、送電線の鉄塔が見える。

更に下流には、海辺まで釧路の街並みが広がっている。

反対側の、湿原大橋から上流部は、釧路湿原国立公園が広がっていて、車での通行は基本的に禁止されている。

右岸道路

以前、新釧路川左岸の道路を走った様子をご紹介したが、今回走ったのは右岸。

舗装されていない道路が、湿原の中をどこまでも続いている。

この道路は、釧路湿原が国立公園になる前に、釧路から弟子屈方面に通じる道路として作られたものだが、

後に湿原の周辺部を迂回する道が作られて、車はそちらを通行するようになった。

このため、現在この道路は、一部を除いて車の通行が禁止されている。

湿原展望台を望む

私も、釧路に7年間暮らしたが、この道をジョギングで走るのは、今回が初めて。

どんな風景が見られるのか楽しみだった。

しかし、かなりの距離を走っても、風景はあまり変わらない。

左手の方向、遠くの丘の上には、釧路市の湿原展望台が見えた。

湿原展望台に設置してある望遠鏡で見れば、私の走っている姿が見えるはずだが、果たして、湿原の中に生息する動物ならぬ、湿原を走る人間を見た人がいたかどうか。

湿原・蛇行する川

しばらく走ると、左手に蛇行する川が見えてきた。

これぞ、湿原の風景だが、水量はそれほど多いようには見えない。

さけます捕獲場

更に奥に向かって走ってゆくと、新釧路川左岸のサケマス捕獲場が見えてきた。

人工増殖のサケの捕獲では、北海道内でも有数の実績を誇っているという。

作業員の宿舎、作業用の電源のための電線が、ここまで引かれている。

まだ、作業の気配は感じられなかった。

パノラマ写真

更に湿原の奥に向かって走って行った。

このあたりで、走り出してからおよそ7キロ。

しかし、風景はそれほど変わらない。

途中、一台の車が私を追い越し、しばらくすると、また戻ってきて私の横を通り過ぎて行った。

ガソリンスタンドの配達用の車だった。

この少し先に家が建っていたので、そこに灯油でも配達したのだろうと想像した。

夏の雲

釧路には珍しく、青空に夏雲が湧き上がっているのが見えた。

いくら走っても景色があまり変わらないので、このあたりで引き返すことにした。


北海道開拓の先人たちは、暮らしを豊かにしようと、これまで釧路湿原に様々な手を加えてきた。

湿原の蛇行する流れをせき止め、新たに直線的な新釧路川を海まで掘削したのは、洪水から暮らしを守るためだった。

湿原に流れ込む中小河川を改修して牧草地を造成したのは、大規模な酪農経営を実現するためだった。

そして、時の流れの中、釧路湿原の価値が広く認識されるようになるとともに、他方では湿原の草地化の難しさに直面することにもなる。
一部で、土地改良がうまくゆかなかったのだ。

そこで現在では、改修した河川の一部を、元の蛇行した姿に復元する工事も行われているという。


こうして、湿原を走ってみると、これまで遠くから見てきた釧路湿原の現在の「素顔」が見えたような気がした。

湿原は、私が思っていた以上に乾燥している印象だ。

はたして、「釧路湿原国立公園」に相応しい「潤い」がまだ残されているのかどうか、

多少、心配しながら、翌日、酷暑の東京に戻ってきたのだった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR