護国寺を訪ねて②~童謡の碑と出会った

仁王門

これは護国寺の仁王門。

ジョサイア・コンドルの墓を訪ね終え、帰ろうとして仁王門近くまで来ると、石碑が2つ、私の目に入った。

2つとも、どういう碑なのか説明がないので、一体、どんな由来があるのか分からなかった。

一応カメラに収め、家に帰って調べてみることにした。

碑が二つあった

それが、この写真。

左に大きな石碑が立ち、「民謡碑」と彫られている。

そして、右の小さな碑は、童謡の歌詞と音符が記されている。

まず左の「民謡碑」だが、これは江差追分の研究を続けた青木好月という人を顕彰して、昭和57年に建立されたものという。

青木好月は、昭和24年、日本民謡協会の発足に尽力、全国組織へと発展させた人物ということだから、民謡に詳しい方はご存じだろう。

「からすの赤ちゃん」

そして、右側の小さな碑の真ん中には、童謡「からすの赤ちゃん」の歌詞と音符、それに作詞・作曲「海沼 實」という名前も書いてあった。

「からすの赤ちゃん」という曲は、同じようにカラスを歌った「七つの子」とは異なる曲で、私たちの世代なら、だいたいが知っている。

私も歌は知っていたが、歌を作った海沼實という人については、まったく知らなかった。

家に帰って調べてみると、海沼と護国寺との関係や、海沼が日本童謡界に残した大きな足跡などが分かり、興味深かった。

碑に記された歌詞

ウィキペディアなどによると、

海沼 實(1909-1971)は、長野県松代の和菓子屋に生まれた。

松代で家業を継いだものの、音楽への夢を断ち切れず、妻子を故郷に残して上京する。

音楽学校に在学中の昭和8年、海沼は「音羽ゆりかご会」という合唱団を作り、子供たちを指導するようになる。

合唱団では、川田正子、孝子、美智子をはじめ多くの童謡歌手を育てるとともに、数多くの童謡の名曲を作った。

作曲した作品のタイトルを見ると、知っている曲がずいぶんある。

子供の頃だけでなく、今でもカラオケに行くと歌う曲もいくつかあった。

ここ護国寺は、合唱団の練習の場所であったことから、音羽ゆりかご会が、海沼の3回忌に碑を建てたのだった。

みかんの花咲く丘

これは、昭和21年に作曲された「みかんの花咲く丘」のレコードジャケット。

川田正子の可愛らしい歌声が印象的だった。

海沼實のヒット曲は、

戦前から戦中にかけては

彼の初のヒット曲である、昭和13年の「お猿のかごや」

以後「あの子はたあれ」、「ちんから峠」、「やさしいお母さま」、「からすの赤ちゃん」などがある。

戦後の作品では、前述の「みかんの花咲く丘」と、その前年の昭和20年12月に作られた「里の秋」がよく知られている。

「里の秋」は、戦地から父親が無事に帰ってくるよう願う母子の思いを表現した名曲で、当時、NHKラジオの「復員だより」で使われた曲でもある。

「みかんの花咲く丘」、「里の秋」は、学校時代の親友たちとのカラオケでは、必ず歌われる「定番」曲だ。

そして、今回、海沼實の足跡を調べているうちに、改めていい曲だと思った作品がある。

それは

稲穂雅巳 作詞、
海沼 實 作曲  「やさしいお母さま」  


私がおねむになった時 やさしくねんねん子守唄

歌って寝かせてくださった ほんとにやさしいお母様


夏はねびえをせぬように 冬はお風邪をひかぬよう

おふとんなおしてくださった ほんとにやさしいお母様

 
私がおおきくなったなら ご恩をおかえしいたします

それまで達者でまっててね ほんとにやさしいお母様


どうです、皆さんはこの曲を思い出しましたか?

勿論、私の母親は「お母さま」と呼ぶような上品な女性ではなかった。

しかし、戦後の貧しい暮らしの中、自分を犠牲にして子供たちを育ててくれた、普通のおふくろの中の1人だった。

だから母親に対する感謝の気持ちにあふれているこの歌には、とても共感を感じる。


最近は、ユーチューブでこの歌を検索し、何回も聞いて、時折口ずさみながらジョギングをしている。


今、私は「イクジイ」として、孫の子育てをお手伝いしているから、

最後の歌詞だけは、こんなふうに変えて歌っている。

「ほんとにやさしい おじいちゃん」 

と。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR