こんな名前のバラがあった③


バラの公園で、結婚した二人

日比谷公園。

バラが見ごろになった公園で、新婚のカップルが記念写真を撮っていた。

今年もたくさんの種類のバラが咲き揃い、一年のうちでも最も美しい季節を迎えた。

一つ一つバラの名前を見てゆくと、どこかで聞いた名前がたくさんあって面白い。

昨年も、この時期に有名人の名前などの付いたバラを紹介したが、今回はその3回目。

パルムの僧院

この花の名は「パルムの僧院」。作出は1998年。

「赤と黒」で知られるフランスの作家・スタンダールの小説の名前だ。

ウィキペディアによれば、「『パルムの僧院』は、リアリズム文学の初期の一例として多くの文学者に強い影響を与えた」と書かれている。

しかし、この花がなぜ「パルムの僧院」と名付けられたのかは、説明がないのでよくわからない。

今回紹介するバラは、いずれもフランス人の名前から付けられている。

しかも画家が多くなった。

最初はこの絵を描いた人だ。

ドガの踊り子

「踊り子の画家」ともよばれたエドガー・ドガ(1837-1917)だ。

これは「踊りの花形」という名の絵。

エドガー・ドガ

そして、バラの「エドガー・ドガ」が、これ。

ポール・ゴーギャン

次に紹介するバラの名前は「ポール・ゴーギャン」。

よく知られたフランスの画家(1848-1903)の名前だ。

タヒチの女性を描いた作品が有名だ。

ゴーギャンの作品

これは「二人のタヒチ女」という作品。

バラの品種登録の方法を調べると、いくつかの要件があって、こんなふうに書かれている。

まず、その品種がほかの品種と明確に区別されること。

そして、繰り返し繁殖させても特性が変化しないこと。

ということで、これまでになかった特性を持つ新しい品種であることがまず第一の要件となっている。

そして、肝心の「名称については、例えばプルーでない花に、プルーと名をつけるなど事実と異なった認識を与えないこと」というのがあるが、それ以上の決まりはないようだ。

従って、命名の説明でもない限り、その由来は残念ながら分からない。

リンゴの収穫

これは、フランス印象派の画家・カミーユ・ビサロ(1830-1903)の作品「リンゴの収穫」。

カミーユ・ビサロ

そして、バラの「カミーユ・ビサロ」はこちら。

やはり、説明がないので、命名の由来はよくわからない。

しかし、名前が付けられるのだから、何らかの敬意が込められているのだろうとは思う。

バラ 「ドゥ・ゴール」

このバラの名前は、この人。

シャルル・ドゥ・ゴール

1959年から10年間、フランス大統領を務めたシャルル・ドゥ・ゴール。

今は、パリの国際空港の名前として知っている人の方が多いかもしれない。

日比谷公園には、この他にも、沢山の美しいバラが、ちょうど見ごろになっているので、近くに行くことがあればお出かけを。

もう一つ、バラとは違った花をご紹介したい。
日比谷通り沿いにある日比谷花壇で見かけた花だ。

アジサイ

アジサイが、早くも店頭に並んでいた。

バラに負けない美しさだった。

そして最後に、気になる「イベント」の名前について、一言触れたい。

オクトーバーフェス

今、日比谷公園で行われているイベントは、「日比谷オクトーバーフェスト」と銘打っている。

そもそも、オクトーバーフェストは、ミュンヘンで開催される世界最大規模の祭りで、もともとは秋のビールの醸造シーズンの幕開けを祝うものであったと、ウィキペディアには書いてある。

オクトーバーフェストというイベント名を日本語に翻訳すれば、「日比谷 10月祭り」。

たとえオクトーバフェストという言葉が固有名詞だとしても、ドイツではオクトーバー・10月の第一日曜日を最終日として開かれているのだから、10月以外のイベントにオクトーバーとの言葉をつけるべきではないだろうと思う。

「本場ドイツのビール祭り」では、だめなのだろうか。

ともかく、言葉は大切にしたいもの。

細かいようだが、大事なことだと思っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

薔薇は私も大好きです。今見てみたいと思うバラはエルトゥールル 。今年世界初公開だそうです。この名前の由来はとてもはっきりしているようです。
それからオクトーバーフェストは私も同感。ずっと気になっていました。やっぱりそう思う人は沢山いるのかもしれませんね。
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR