江戸城本丸跡の「早咲き桜」たち


天守台の向こうにピンクの花が

江戸城の本丸跡に残る天守台。

広大な面積を持つ本丸跡も、つい最近まで冬枯れの色だったが、このところ急に春の色に彩られてきた。

様々な早咲きの桜が咲き始めたのだ。

天守台の先にも、ピンクの花が開いているのが見える。

ツバキカンザクラ

近くに行ってみると、「ツバキカンザクラ」と書いた名札がついていた。

「椿宮」と呼ばれる松山市の伊予豆比古命神社に原木があることから、この名があるという。

花が密集して咲いていて、とてもボリュームがある。

シナミザクラとカンザクラ

まだ、芝は枯れた色だが、初夏の陽気のなか、昼寝をしている人が目立った。

こちらのピンクの花は「カンザクラ」。

静岡県三島市にある国立遺伝学研究所が発行した「遺伝研のさくら」という本に、「栽培品種の中では、最も早く咲き始める桜」と書いてある。

そして、白い花が見えるのは「シナミザクラ」。

中国南部原産の桜だ。

シナミザクラ

シナミザクラは「花弁よりも長い雄しべがよく目立ち、日本に分布する桜とは明瞭に区別される」と書かれている。

梅の花と似ている。

フユザクラ

こちらは、まだ咲き始めたばかり。「フユザクラ」だ。

木の先端に近いところに、数輪の花をつけていた。

この桜は「秋から冬にかけて狂い咲きする特徴があるが、おもな開花期は春期」とのことだ。

カンヒザクラ

これは「カンヒザクラ」

もう間もなく、一斉に開花しようかという風情だ。

早咲きの桜では、最も名前を聞くことが多い桜で、濃い赤が印象に残る。

沖縄など南国の桜というイメージがある。

ソメイヨシノ

早咲きの桜の近くに「ソメイヨシノ」の木もあった。

日本の桜を代表する品種だ。

こちらは、まだつぼみが固そうに見える。

ソメイヨシノは、自家受粉できないから、増やすには挿し木や接ぎ木をするしか方法がない。

つまり、ソメイヨシノはみな同じ遺伝情報を持つクローンだから、同じような環境に育つ樹は、殆んど同じ時期に花を咲かせることになる。

皆、同じ時期に咲き、1週間で満開を迎え、そして、同じように「あっという間」に散ってゆく。

なんとも潔く、そして愛おしいソメイヨシノ。

早咲きの桜たちが露払いを務めると、いよいよソメイヨシノの出番だ、

桜の大看板の出番は、もう「間もなく」というところまで近づいてきている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR