「梅」の春


芝公園で梅の花見

この日は、都内の梅の名所、3か所を回ることにした。

まずは、芝公園へ。
すると、丸山古墳のすそ野で、シートを敷いて梅の花見をする人がいた。

ここで梅まつりが開かれたのは10日ほど前で、その時は花は殆んど咲いていなかった。

今は、全体で7分程度の咲き具合。
とはいえ、この日は気温も上がり、風も無かったから、絶好の花見日和。

遠目にも春を喜ぶ風情が感じられた。

二の丸公園 梅林坂

次に行ったのは、皇居の梅林坂。

今年訪れたのは、これで3回目になる。

花は、やっと満開に近くなってきていた。

石垣との調和が美しい

ここの特徴は、江戸城の見事な石垣と梅との調和だ。

石垣の模様とのコントラストが美しい。

この週末が良さそう

見頃は、これから1週間ほどだろうか。

日本一の城での「観梅」、とても贅沢な気分を味わえる。

湯島天神

更に足を伸ばして、湯島天神へ。

「婦系図」の作者・泉鏡花の筆塚近くの梅も見ごろになっていた。

女坂の梅

境内に通じる女坂の梅も、8分程度の咲き具合。

現代の「お蔦・主税」が、花の下を寄り添って歩いていた。

猫と散歩

神社を出ると、おじさんと猫の「二人連れ」に出会った。

おじさんが、猫ちゃんに話しかけながら歩いている。

ワンちゃんに話しかけるような感じだ。

猫ちゃんの尻尾がピンと立っている。

春の散歩を楽しんでいるようだった。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR