照る日 曇る日 雪降る日


アロエ

2月19日、東京でも雪がちらつき、時折り強い風に雪が吹雪のように舞い上げられていた。

この日は、この強い風の中、レインボーブリッジ往復コースを走ることにした。

ブリッジ手前の車道沿いでは、今年もアロエが赤い派手な花を咲かせていた。

アロエが自生する伊豆白浜の「アロエの花まつり」は、12月8日から1月14日まで。

祭りはもう終わっているので、ここは花の時期が少し遅いのかもしれない。

東京港

レインボーブリッジのノースルートを走ると、東京港が180度の視界で見える。

しかし、この日はスカイツリーも、暗い冬空の中にぼんやりとしか見えない。

北風が強く、帽子は飛ばされそうになるほどだ。

小笠原丸

竹芝桟橋に向かう白い船体が見えた。

船名は「おがさわら丸」と読めた。

小笠原・父島とを結ぶ定期船だ。

航海時間は25時間30分、6-7日おきに便がある。

この日、小笠原の午後3時の天気は、晴れ、気温は21度4分。

東京の気温は同じ時刻で4度4分だった。まさに春から冬への逆戻りするような航海だ。

海浜公園

これは、第三台場の手前からお台場海浜公園を写した写真。

この日は、平日で天気が悪いせいもあって、屋形船は一隻も見えない。

このあたりは、屋形船が集まってくる場所の一つなのだが。

カモの仲間が、第三台場の陰で風をよけるようにして群れていた。

カモメたちは

3週間ほど前、屋形船に乗ってこの場所を訪れたときの写真。

いつの間にか、カモメたちの群れが船のまわりに集まってきていた。

船の中で調理したおかみさんの話では、「天ぷらの尻尾を目当てに来ているんですよ」とのこと。

橋でつまんで窓から手を伸ばすと、こうして上手にくわえて行った。

そのカモメたちの姿は、この日は見えなかった。

こんな天気の日は、屋形船が少ないことを知っているのだろう。

剪定した木々

お台場の近くに植えられた木々の剪定が終わり、ずいぶんと風景の見え方がすっきりとした。

バリカンで髪の毛を思いっきり刈り上げられたような感じだ。

入学式を控えた新入学児童のようでもある。

雪が雨に変わる頃という二十四節季の「雨水」は、今年は2月18日だった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR