渡り鳥いつまた帰る

レインボーブリッジ上空

レインボーブリッジを走っていると、上空に鳥が編隊を組んで飛行しているのが見えた。

日本で越冬していた渡り鳥が、春の訪れを前に渡りの訓練飛行をしているのかと思った。

「渡り鳥たちは、編隊を組んで飛行訓練をしながら、ある日、目的地に向かう風に乗って遠い彼方に向けて旅立つ」ということを聞いたことがある。

その②

私は鳥については全く無知だから、この鳥たちが渡り鳥なのかどうかはわからない。

もし渡り鳥だとしても、明日・6日は日本の南岸沖に低気圧が移動してきて、北風と共に風雪が全国的に強まるとのことだから、北国へ帰ることは暫くあとになるはずだ。

河津桜

お台場海浜公園には、伊豆に一足早く春を告げる河津桜の木が植えられている。

江戸時代、お台場を築造した江川太郎左衛門が伊豆韮山で幕府の代官を務めていたという縁による。

河津桜は例年2月上旬から開花し始め、約1か月かけて満開になる。
3月初旬に満開を迎えるから、ソメイヨシノより1か月近くも早い。

オオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種と推定されている。

しかし、開花時期が年によって大きく変動するので開花の予想が難しい桜でもある。

つぼみ固し

お台場の河津桜のつぼみを見たが、まだ固い。

開花まで、まだしばらくかかりそうだ。

河津町観光協会のホームページによると、今年の「河津桜まつり」の日程は2月5日から3月10日までとなっている。

祭りはすでにスタートしているが、町内の桜の名所は殆んどつぼみの状態とのことだ。

お台場海浜公園の水<br />鳥

お台場の海岸では、多くの水鳥たちの姿があった。

この鳥たちの中にも、渡り鳥がいるのかもしれない。

今年の冬は、幸いにして「鳥インフルエンザ」の発生のニュースを聞くことはなかった。

鳥インフルエンザとヒトインフルエンザウィルスが混じりあいヒトへの感染力が高まると、多くの人命が失われる恐れがあるとされている。

季節は、着実に春に向かってゆく。

渡り鳥たちも、間もなく北国に帰る時が来る。

そして夏が過ぎ秋が来て、再び日本に帰る時が訪れる。

その時は、インフルエンザにかかっていない元気な姿で戻ってほしいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR