今川橋周辺

今川橋

日本一有名な通りである中央区の銀座通りを北上する。

日本橋を過ぎてしばらく進むと、今川橋交差点に差し掛かる。

昔は、ここに水路が通り、江戸の水運の重要な場所であった。

幕末の地図

江戸時代末の地図を見てみよう。

右手に越後屋という字が見えるが、その通りが現在の銀座から続く中央通り。

今川橋のところには、外濠からの水路が走り、水路は隅田川へと続いていた。

今川橋の近くには、「時之鐘」の文字が見え、上の方には囚人を収容した伝馬町「牢屋敷」が見える。

安政の大獄で刑死した吉田松陰は、ここで亡くなっている。

時の鐘

通り沿いの日本橋本町4丁目には、「石町(こくちょう)時の鐘 鐘撞堂跡」の碑が建っている。

江戸の町民たちに時刻を知らせた施設として知られる。

長崎屋

近くには、オランダ商館長一行が江戸参府の時の宿舎であった「長崎屋」があった。

地下鉄「新日本橋駅」の入り口近くに、北斎の浮世絵に描かれた長崎屋の絵と共に、案内板が立っていた。

川柳にも「石町の 鐘はオランダ まで聞こえ」と詠まれ、江戸市民に親しまれていたとのことだ。

今の地図

現在の地図を見てみよう。

JR神田駅の周辺の地図だ。

特筆すべきは、江戸時代からの由緒ある町名が、ここではまだかなり残っているということだ。

「東松下町」「富山町」「紺屋町」「北乗物町」「福田町」「美倉町」等々。

例えば「北乗物町」は、駕籠などを作る人たちが多く暮らしていた街。

町名は町の歴史を語る文化遺産でもある。

さすがに、江戸っ子の街神田。町の歴史に対する愛着は、人一倍強かったのだろう。

住居表示の大きな波の中でも、旧町名を捨てることはなかった。

郵便物の配達に関しては、郵便番号が記入されてさえいれば機械が読み取ってくれるので、不都合はないはずだ。

当時の街のにぎわい

今川橋交差点の近くに、江戸時代の賑わいを描いた絵と、案内板があった。

説明によれば『この橋は日本橋から中山道に通じる重要な橋で、江戸時代、橋の付近には陶磁器を扱う商家が立ち並び、大変賑わった』とのことだ。

橋の名前は今川橋架設当時の名主・今川善右ヱ門に由来するという。

橋の下を流れていた竜閑川は昭和25年に埋め立てられ、橋はそれ以来姿を消している。

神田駅前

今川橋交差点の近くにある神田駅の周辺。

今は陶磁器を扱う店が立ち並ぶわけでもなく、普通のビジネス街が広がっている。

今川橋は姿を消しても、この地に由来するものが、現在も全国で親しまれている。

それは

今川焼

この今川焼。

今川橋付近で売られていたことが、その名の由来となっているということだ。

しかし、付近を見渡してみたが、私の見る限り、今川焼を売っている店はあたりに見当たらなかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR