冬景色も美しい

ご心配をおかけしましたが、おかげさまでようやく風邪も治り始め、体調はもとに戻りつつあります。

今年も冬に入ってからインフルエンザの予防注射を打ちましたし、去年は5年間有効の肺炎の予防注射を打っていたので気が緩んでいたのでしょう。

インフルエンザとは違う風邪にかかってしまいました。

熱はないとはいえ、やはり体はつらく、しんどい日々でしたがようやく、食欲も少し戻ってきました。

やはり、風邪とはいえ、甘く見ているとつらい思いをします。皆さんもどうぞご注意を。

さて、今日はまだ走れないので、これまでに走りながら撮った美しい冬景色をご紹介したい。

新釧路川河口

北海道東部の釧路市。太平洋側なので雪は少ないが、一度降ったら冬の間、解けることはない。

冷え込みが厳しいと、氷点下20度まで下がることが年に数回ある。

昔、銭湯から上がって下宿まで歩く途中、1分もたたないうちにタオルが凍って立つという経験をした。

それだけの寒さだから走っても雪が解けず、靴が濡れることもない。若干、足元が滑ることはあるけれど。

家を出るときは3枚ほど重ね着をしても、風がなければ、走っているうちにTシャツだけでもいいほどになる。

釧路は水産、製紙が産業の中心で、決して美しい街とは言えないが、冬は雪が見事に化粧をしてくれる。

鶴居村

丹頂鶴が給餌場に集まってくるので有名な道東の鶴居村。

春から秋にかけては湿原の中で暮らすため、これほどたくさんのタンチョウを間近に見ることは殆んどない。

真冬にはこうして給餌場の近くに集まってくるが、よく見ないと雪の白さの中に紛れてしまう。

石川門雪景色

こちらは加賀百万石の城下町・金沢。

ここは金沢城の石川門のすぐ下。

雪吊りの左側の場所は、私が暮らしていた当時は花見の名所だった。

写真右手には、有名な兼六園がある。

この写真は今から11年前、市内をジョギング中に吹雪模様になったので写したものだ。

石川門

前の写真を撮ってから、振り向いて撮影したのがこれ。

北陸の冬らしい風情が撮れたので、今でもとても気に入っている一枚だ。

左の道路を渡った所が兼六園になる。

撮影日のデータを見ると、2月9日だった。

そしてそれから2か月少し後、4月13日の写真がこれ。

石川門を望む

石川城の内側から、石川門を撮影したもの。

屋根瓦には、戦に備えて鉛がかぶせてあり、桜に負けない白さだ。

兼六園

そして、同じ場所から方向を変え、兼六園の方にカメラを向けると、この写真。

まさに「春爛漫」を絵に描いたよう。

「冬来たりなば、春遠からじ」

今日は大寒、

本日の結論は、これに尽きる。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR