寒禊~神田明神


神田明神

千代田区外神田にある「神田明神」。
電器の街・秋葉原から近く、創建が730年(天平2)と古い由緒を持つ神社だ。

祭神は、だいこく様、えびす様、そして平将門。
2年に1度行われる神田祭は、江戸3大祭りの一つといわれる。

1月12日、境内で「寒禊」が行われた。

参加者

新漢語林には、「禊(みそぎ)・・水辺で身を洗い清めて悪を払い除く祭り」と書いてある。

寒中のこの時期、各地の神社で開かれている。

午前10時、禊の身支度をした人たちが、境内に出てきた。
女性の姿もある。

氷柱入りの水槽

本殿の手前横には、氷柱の入った水槽が用意されている。

この日、風はなかったが10時の気温は 2度9分。

厚着をしていても、じっとしていると、しんしんと体が冷えてくる。

神社にお参り

上半身裸で鉢巻、足は裸足だ。

まず神社にお参りをする。

神社を一周

この後、裸の一団は神社を走って出ていき、
掛け声をかけながら、神社を1周する。

禊の行法


境内に戻ってきた参加者は、水槽の前で、櫓をこぐ動作をしながら、声をそろえて和歌を唱える。
心身を浄化する行法だ。

何度も繰り返し、徐々に精神を高めてゆく。

水の中に

いよいよ水の中に入る。

手桶で水を汲み、気合と共に体にかけてゆく。

寒さを振り払うように、凄いスピードで水をすくい、何度も何度も体にかける。

水の中に2

大きな声を出して寒さを追い払う。

吠えるように声を出す人もいる。

女性も元気に

女性も元気だ。

自分の顔に、容赦なく冷水をかけていた。

1回あたりの時間は30秒ぐらいだろうか。

それを3回ほど繰り返したように思う。

無事終了

そして、無事終了。

皆さん、この時点で気分を悪くした人はいないようで、笑顔で記念写真におさまっていた。

「心頭滅却すれば、火もまた涼し」というけれど、寒がりの私には耐えられそうもない。

寒禊に参加した人の胆力に敬服した。

私は私なりの方法で、体を鍛えることにしよう。

皆さんは寒さに負けていませんか?


なお、翌日の13日には、中央区の鉄砲洲稲荷神社で「寒禊」が行われる。

(昨年紹介したので、よかったらご覧ください
 http://golby.blog.fc2.com/blog-date-20120109.html )
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

躍動感がありますね!

実況放送のように楽しく拝見させていただきました。新堀町会では、ご縁をありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR