正月2日は墓参ジョギング~六本木、赤坂へ

赤羽橋交差点

例年、正月2日は墓参りの日。

赤坂にある寺までの往復をジョギングするのを習慣としている。

寺に向けて走り始めて間もなく、国道1号線の赤羽橋交差点を通る。

この時期は、雪国の人には申し訳ないほど晴れの日が続く。
日記を見ても、この7年で雨の日は一日もなかった。

十番稲荷神社

一の橋交差点を過ぎると麻布十番の一帯だ。

繁華街に人通りは少なかったが、十番稲荷神社には、参拝の人が目立った。

夏みかん

神社の近くの路上に、夏みかんがたくさん実をつけていた。

「へーぇ、こんなところに夏みかんがあったのか」
これまで数えきれないほど通っていたのに、全く気が付かなかった。

芋洗坂

テレビ朝日の建物を左手に見て、六本木交差点に通じる芋洗坂の方に右折し、坂を上って行く。

坂の入り口のところで、ローラーボードに乗った外国人の少年とすれ違った。

車の通行量が少ない正月だからこその光景だ。

カメラを構えると、笑みがこぼれていた。

ミッドタウン

六本木交差点を超えて、青山の方に直進する。

右手に東京ミッドタウンのビルが見えてくる。

以前、ここには防衛庁(当時)の建物があったが、更に江戸時代まで遡れば、ここは長州藩・毛利家の屋敷があった所だ。

大分前、「ブラタモリ」でタモリが紹介していた。

乃木坂

更に進むと、右手に下り坂が見えてくる。
乃木坂だ。

下ってゆくと右手にSME(ソニー ミュージック エンターテイメント)のビルが見えてくる。

AKB48のライバルを目指す「乃木坂46」の所属はSME、秋元康がプロデュースしている。
命名の由来は、この乃木坂から来ているのだという。

正面突き当りの右手に「乃木神社」が見えてくる。

乃木神社

ここも、参拝の人がたくさん訪れていた。

神社境内の後ろには、乃木将軍夫妻が暮らしていた家が残っていて、外から見学することができる。
(2012.4.1のブログ「今年は明治が終わってから100年」
http://golby.blog.fc2.com/blog-date-20120401.html で紹介)


TBSの裏手へ 三分坂

乃木坂からTBSの方に進む。

TBS裏側に三分坂(さんぷんざか)と呼ばれる急坂がある。

坂の下にある「報土寺」には、名力士「雷電」の墓があるので知られる。

以前、紹介したことがあるが、雷電は相撲取りとしての21年間に負けたのは僅か10回。
勝率は9割6分2厘と、大相撲史上最強の力士だそうだ。

圓通寺

坂を上り、しばらく行くと、目指す「圓通寺」がある。

江戸時代には、浅草寺、寛永寺、芝切り通し(増上寺)などと並んで、「時の鐘」の寺として知られた。
(2012.7.19日のブログ参照 http://golby.blog.fc2.com/blog-date-20120719.html )

現在、鐘が鳴るのは大晦日の「除夜の鐘」のときだけだ。

山王日枝神社

お参りを済ませて、「圓通寺坂」を下り、赤坂の外堀通りに出ると「山王日枝神社」が見えてくる。

江戸三大祭りの一つ「山王祭」は、隔年の6月に行われる。

参道につけられた、長いエスカレーターが見える。

本殿に向かう道はかなり急で、距離も長いから、足が不自由な人には、とてもありがたい。

総理官邸

外堀通りを虎ノ門、新橋の方に向かう。

すると、すぐに左手に総理官邸が見えてくる。

警備の警察官の姿が目立つ。

中では、正月返上で、新年度予算をはじめ諸課題のへの対応についての方針が練られているはずだ。

乃木将軍由縁の地

特許庁の前で外堀道路を右折、環状2号線(通称マッカーサー道路)の工事が進む道を行く。

虎ノ門地区の1号線と交差するところに来ると、セブンイレブンの前にこんな碑が建っていた。

「乃木将軍由縁地」と書いてある。

乃木将軍は、日露戦争で203高地での壮絶な戦いを指揮したことで知られる。

明治11年に静子夫人を迎えて新居を構えた場所なのだという。

203高地の戦いでは二人の子息を亡くしているが、長男はここで生まれたことが書かれていた。

ここに、このような碑があるのに、今回初めて気が付いた。

環状2号線

碑のすぐ横では、環状2号線の工事が進んでいる。

虎ノ門から新橋を経て汐留に至る部分は、ウィキペディアによれば、2014年までに開通する予定だというから、それほど先のことではない。

こうして、これから1年もたてば、このあたりは大きく変わっていることだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR