人が消えた都心~大晦日の表情


新橋駅前

大晦日のジョギングは、いつもは人であふれる新橋から銀座を走ることにした。

何かビッグニュースがあれば、どこかのテレビ局が必ず街頭インタビューをしている新橋駅前。

SL広場は、たぶん、一年で一番人出の少ない一日ではなかっただろうか。

駅近くの飲み屋さんも、お休みの店が多かった。

どことなく、空気もきれいなような気がした。

銀座3丁目、社会鍋

しかし、銀座通りまで来ると、かなりの人出だった。

銀座3丁目の松屋デパート前では、救世軍の人たちが募金を呼び掛けていた。
生演奏の音が、遠くにいても聞こえて来て、この雰囲気は昔と似ているなと感じた。

しかし、混み合っていて走りにくかったのは、このあたりだけで、ほかの道路はガラガラ。

静かでガラーンとした街並みが広がっていた。

増上寺カウントダウン

増上寺の門前に帰ってくると、年越しの「カウントダウン中止」のお知らせが出ている。

このところ毎年たくさんの人が年越しで境内を埋め尽くし、立錐の余地もないほどだった。

去年は

これは2010年のカウントダウンのときの様子。

年が変わった瞬間に、手にした風船を一斉に空に放ち、大変な盛り上がりだった。

人の多さから、事故の危険もあるので、今年は中止になったという。

さて、2012年の年越しは、いったいどんなものになるのだろう。

梅林

増上寺の隣り、芝公園にある梅林。

毎年2月に「梅まつり」が開かれている。

つぼみ

よく見ると、つぼみがかなり膨らんできていた。

このところの寒さの中でも、着実に暦は春に向かって、進んでいるのを感じる。

日比谷通り

車がほとんど走っていない日比谷通り。

歩道橋には、1月2日、3日の「箱根駅伝」の交通規制のお知らせ。

駅伝の通る2日の朝まで、この通りは正月の静けさが続く。

新しい年・2013年が、つつがなく過ぎてゆきますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR