ジョギング中のスナップ集②

今月の言葉

今日はまず、増上寺の山門前に掲げられている「今月のことば」から。

「十人の子を養う父あり。一人の父を養わざる十人の子もある」
との”法句経”のことばに引っ掛かり、カメラに収めた。

法句経とは、「原始仏典の一つで釈迦の語録の形式をとった仏典」とウィキペディアに説明があった。

そして「法句経NET」には、「初期仏教教団で伝持されていたものが、紀元前4-3世紀に編集されたと考えられる」と書いてあるから、ここに書かれた親子の姿は決して現代だけのことではなく、はるか昔から今日まで続くもののようだ。

もっとも、今日では子育ては大変なお金がかかるから、十人の子がある親は皆無に近いのではないか。

一方、親を養わない子のみならず、子を捨てる親も珍しくはないだろう。

生きてゆくことは、なかなか大変だが、
頑張りましょう。

大きなバッグ

お台場のバッグ屋さんで見かけた、大きな”わに革”のバッグ。

「記念撮影OK」と書いてあった。
きっと、写真に撮りたいという人が多いのだろう。

店員さんと一緒にバッグの写真を撮らせてもらったが、小柄な人ならすっぽり入ってしまいそうな大きさだった。

120万円の値札がついていた。

世の中は広いから、きっと欲しがったり買ったりする人があるのだろう。

変わったトイレ

これは、お台場のショッピングモール内で見かけた男性用トイレ。

ゲーム感覚のトイレで、「小便小僧」という名前がついていた。

ゲーム機のよう

セガというゲーム機の会社が開発したもので、

計測センサーでおしっこの量を計るというもの。勿論、利用は無料だ。

「あなたの量は〇〇CCでした」と言われても、「ああそうですか」ぐらいの感想しかなかったが、ゲーム機は、実に様々な分野にまで進出している。

このツールは、去年の秋に、ある居酒屋チェーンの40店舗でテストが行われ、11月から本格販売と会社のホームページに紹介されていた。

これからも、意外なゲーム感覚のツールが登場しそうだ。

隅田川の清掃船

隅田川を清掃しながら走る船と出会った。

ちょうど、万年橋のたもとだ。

発泡スチロールやビニールは、いつまでたっても腐食することがないから、ゴミとしてはたちが悪い。

浜離宮のまわりは、殆んどいつも投棄されたプラゴミが漂い、せっかくの景観が台無しだ。

こうした人たちの地道な作業で、海・川の清掃が続けられていることを忘れないようにしなくては。

落ち葉と白鳥と掃除人と

こちらは、皇居のお濠端。旧江戸城の大手門のところ。

落ち葉がたくさん浮いている堀に、白鳥が一羽、動くことなく静かに浮いている。

傍らには、落ち葉を集める箒を持ったおじさんが一人、じっと白鳥を見つめて動かない。

推測するに、「あの短い箒で落ち葉を集めるには、水を手前に搔いて水流を起こし引き寄せるしかないのだが、それでは白鳥の安寧を脅かしそうだ」

というので、白鳥が、この付近から離れるのを待っているように見たのだが、はたしてどうだろうか。

昔「花とおじさん」というヒット曲があったが、これは「落ち葉と白鳥とおじさんと」でも云えそうな光景だった。

うさちゃん

これは、日比谷公園内の日比谷花壇前に展示したあった鉢もの。

若い女性たちが、「可愛いい」と言って写真を撮っていた。

「ゴールドクレスト」と言って、クリスマスの飾りにも使われる観葉植物だが、こんなふうにウサギの形に仕上げられると一層、可愛かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR