皇居「二の丸庭園」の紅葉


雑木林

今年は夏が暑かったせいか、都内の紅葉が例年と比べて美しいような気がする。

皇居東御苑の紅葉を見に、初めて晩秋の時期に訪れた。

広い園内は、何処も美しく晩秋の装いをしていた。

その中でも、私の目には「二の丸庭園」の紅葉が、ひときわ見事に映った。

これは、二の丸庭園の中にある雑木林。
何処にでもあるごく平凡な林にみえるが、手入れが行き届いていてとてもすがすがしい。

広島県の木、もみじ

この付近には、日本全国47都道府県の「県の木」が植樹されていて、それぞれの歴史、風土を知るうえでとても楽しい。

今の時期は、広島県の木である「もみじ」が、ほかの木よりも一段と目立っているのが印象的だ。

二の丸池

江戸時代、二の丸には将軍の別邸やお世継ぎの御殿が立てられていた。

その御殿を最初に作ったのは作庭の名人・小堀遠州。

とても野趣に富んだものだったということだが、5年後に取り壊され、本丸御殿を簡略化した御殿が作られた。

しかし、池水は、小堀遠州が作った当時とほぼ同じ場所にあるという。

池の周辺の紅葉が見事だ。

灯篭もアクセントに

松の緑とのコントラストが鮮やかだ。

広い東御苑の中でも、灯篭のような和風テイストたっぷりの道具を見かけるのは、ここだけ。

とてもいいアクセントになっている。

諏訪の茶屋

この建物は、江戸時代には吹上地区(現在の御所のある一帯)にあった「諏訪の茶屋」。

東御苑が整備されたときに、この場所に移されたものだ。

梅林坂

ここは梅林坂。

春、桜に先駆けて紅白の花をつける梅の名所だ。

秋の紅葉も、また一段と趣のあるものだと知った。

最後に、今年春の「梅の花」の写真をご覧ください。
(同じ場所で撮影したもの)

梅の時期

どうです、
「なるほど」と思ったでしょ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR