東京23区内の最高峰~箱根山



タイトルを読んで、「箱根山は東京都ではないよ」という人がいると思うが、この箱根山は新宿区にある。

まず地図をご覧いただこう。

戸山公園地図

地図の真ん中に箱根山という字が見える。

ここが東京23区内で最も高い山。
標高は44.6mだ。

箱根山は新宿区の戸山公園の中にある。
JR新大久保駅から比較的近く、明治通りと大久保通りに囲まれた場所にある。

登山口

公園に入ると、箱根山への登山口がいくつかあって、案内も出ている。

実は、箱根山は自然の山ではなく人口の山。

(因みに自然の山として23区内で最も高いのは港区芝の愛宕山、間垣平九郎の出世の石段で知られていて、標高は25.69m。東京都で一番標高の高い山は、雲取山の2017m)

誰がどのように作ったのかは後で紹介することとして、まず山頂まで登ってみることにしよう。

頂上を望む

登山口を少し歩くと、もう頂上が見えてきた。

お椀を伏せたような形をしている。

頂上からのパノラマ

あっという間に頂上に着いた。
ほんの数分で到着する。

呼吸が乱れることもない。

屋上からあたりを見渡すと、木の間から新宿副都心の高層ビルが見えた。

富士山の方向

頂上にあるパノラマ地図を見ると、西の方角、新宿副都心のビルのすぐ右手に富士山が記されていた。

ここで、一つ紹介しておかなければならないのは、「山の定義」についてだ。

というのも、東京都23区の西には、標高が30メートルを超える台地が広がっていて、最高地点は練馬区南西端の約58mとのこと。箱根山より高いのだ。

これについてウィキペディアには
「山とは、周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のこと。平地と比べ傾斜した地形から成る。比較的小規模な山を丘陵、丘と呼ぶことがあるが、山との区別は明確ではない」と書いてある。

どうやら、厳密な定義はないようだ。

ということで東京西部の台地について、「世間は山とは認めていない」ということで、ここはお許しをいただき、話を先に進める。

尾張戸山荘

都立戸山公園は、江戸時代、尾張徳川家の下屋敷があった所の一部分。

当時は戸山荘と呼ばれ、広さは13万6千坪にも及ぶ広大なものだったという。

庭園の真ん中に池を掘り、築山、渓谷、滝、更には神社、田などを作り、

11代将軍家斉をして「すべて天下の園地は、まさにこの荘を以て第一とすべし」と言わしめたほどの名園だったとのことだ。

玉円峰

箱根山は、庭園の池を掘った土で築いた山だ。

当時は、丸い玉を伏せたような姿から「玉円峰」と呼ばれていた。

小田原を再現

そして、更にすごいのが園内に作られた「御町屋」と呼ばれる街並み。

なんと、小田原の宿場を原寸大で再現したものだという。

「将軍御成りの際は、店を開いて、庶民の生活が体験できるようになっていた」というから面白い。

今でも、昔の街並みを再現した観光スポットが各地にある。

当時の将軍も、そんな感じで未知の暮らし・世界を覗き、楽しんだのだろうかと考えたりもする。

今、往時を偲ばせるものは、ただ箱根山だけだが、それでも23区内の最高峰。

お近くにお出かけの説には、どうぞ頂上を目指してみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR