「そうだ京都に負けない紅葉」見に行こう


枝垂れ桜

昨日は、北の丸公園の紅葉、靖国神社の黄葉を訪ねたが、今回は天下の名園に「京都に負けない紅葉」を訪ねた。

ここは文京区の小石川後楽園。

勿論、この写真は今のものではない。3年前の春に訪ねたときのものだ。

園内に入ってすぐのところに、ご覧のしだれ桜が満開だった。

現在の様子はこんな具合だ。

今は紅葉

今、枝垂れ桜は枝だけになって心細い姿になっている。

しかし春には目立たなかった木が見事に紅葉して、桜に代わって主役を演じていた。

通天橋

これは、園内の「通天橋」と、周辺のもみじ。

朱塗りの橋と、紅葉の明るい赤が調和して、とても美しい。

小石川後楽園は、「江戸時代初期、寛永6年(1629)に水戸徳川家の祖である頼房が、その中屋敷(のちに上屋敷となる)として作ったもので、二代藩主の光圀の代に完成した庭園です」とパンフレットに書いてある。

小石川後楽園は、国の特別史跡と特別名勝に指定されているが、このように二重指定を受けているのは、全国でも金閣寺、浜離宮など合わせて9つだけだという。

外国人も写真を

外国人の眼にも、きっと美しい文化遺産として映っているに違いない。

熱心に、園内をカメラに収めていた。

紅葉といっても色はさまざま

園内には、合わせて480本のもみじがあるとのことだが、ご覧のように紅葉の色は少しづつ違う。

東京都公園協会のホームページには

「今年のもみじは鮮やかな赤い色に染まり、とても見事です」と紹介されていたが、私も同感。

東屋で

この風景は、さすがに「天下の副将軍」の庭の風情。

京都に行かなくとも、こんな見事な風情が楽しめるとは有り難い。

紅葉アップ

「後楽園」の名は、「民衆に先立って天下のことを憂い、民衆がみな安楽な日を送るようになって後に楽しむ」から名付けられた。

光圀の政治信条によったものだという。

冬桜

樹皮にコケが生えたこの樹は、「フユザクラ」と書いてある。

花はどうだろうかと、樹を見上げてみた。

花をつけていた

すると上の方では、寒風の中、いくつか白い花を咲かせていた。

「紅葉の見ごろは、12月上旬いっぱい」とのことだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR