第一回「富士山マラソン」へ出発


ポスター

第一回「富士山マラソン」は、いよいよ今月25日に迫った。

還暦で初めてフルマラソンを走ってから、今回で7回目になる。

あと何回走れるか分からないので、健康なうちにと全国各地の魅力的な大会にエントリーしている。

しかし、最近のマラソンブームで競争率も高く、秋の大阪マラソン、来年3月の京都マラソンと落選したので、今年走れるのはこれが最後。

富士山の姿を見ながら走るのは楽しみだが、このところ走る時間がなかなか取れず、完走できるかどうか不安だ。

コース

コースは、河口湖畔をスタート、河口湖を一周したあと西湖も一周して再び河口湖に帰ってくるというコース。

2-3年前までは、完走に不安を感じたことはなかったが、この地図を見ているとやはり42.195キロは長いなと思う。

制限時間など

マラソンで、ランナーにとってトイレ対策がどうなっているのかはとても大切。

第1回の東京マラソンの時、スタートの都庁から坂を下った山手線のガード下の付近で、大勢の男子ランナーが立ちションをしていた。

あれは、みっともない光景だった。

特に、最近は女性ランナーも急増しているので、十分な対応が必要だろう。


富士山マラソンの制限時間は、6時間30分。

6時間という大会が多い中(東京マラソンは7時間だが)、少し気持ちは楽だ。

これまでの大会では、仮装ランナーの写真を撮りながら走ったりしたが、今回はなんといっても富士山の美しい姿が楽しみ。

天気が良かったら、是非、皆さんに美しい富士山の姿をご紹介したい。

それでは、行ってきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR