神宮外苑並木の「ギンナン対策」

10月6日

10月5日のブログに、これまで神宮外苑前の銀杏並木でギンナンが落ちて踏みつぶされたのを見たり、特有の匂いに閉口したりしたことがない旨を紹介した。

そして「それは、きっと周辺の人が毎日丁寧に掃除をしているからに違いない。
しかし、これは仮説だから、この後も何回か走って確認したい」と書いた。

今回は、その続報となる。

これは、10月6日の午後2時半に撮影した写真。

舗道には、落ち葉もギンナンも見えない。きれいに掃除されている。

舗道の左右を目を凝らしてみてみると、

一粒見つけた

舗道右側のイチョウの根元のところに、ギンナンが一つ落ちているのを見つけた。

ということは、この並木にはギンナンがなっているのは間違いないということだが、その数はきわめて少なかった。

この長い並木を歩いて見つけたギンナンの数は、わずか2つだった。

前回も紹介したように、このイチョウ並木の本数は全部で146本。

そのうち雌木は102本もあるのだから、いかにまだ季節が早いといっても、地上に落ちている実はもっと多いはずだ。

他のイチョウ並木では、何処も、もっとたくさん落ちている。

10月14日

それから8日たって、再び行ってみた。

写真を撮ったのは、10月14日午前11時52分。

並木道の上には、枯葉もギンナンも全く落ちていなかった。

きれいに掃除されている。

掃除の現場は見なかったが、毎日丁寧に掃除していることが分かった。

舗道だけでなく、人が歩かない木の下も丁寧に掃除をしていた。

これだから、これまで何回か秋に訪れても、落ちたギンナンと出会わなかったのだろう。

掃除をしている方々に「毎日お疲れ様です」と申し上げたい。

日曜は車の乗り入れ禁止

この日は、いつもはたくさんの車が通行する車道を人が歩いている。

ここからの並木の眺めは、なかなかのものだ。

乗り入れ禁止の看板

舗道に看板があった。

日曜・祝日は、外苑周回道路1.2キロの車道は、歩行者や自転車に開放されているということだ。

絵画館前

絵画館を見ながら外苑を自転車で走るのは、とても気分が良さそうだ。

自分の自転車で走ってもいいし、神宮外苑サイクリングセンターで借りることもできる。

同じように、皇居の周囲、祝田橋から平川門までの内堀通りでも、日曜日は自動車が締め出され、自転車専用道路となっている。

どちらも、とても眺めがいいので、自転車を好きな方にはぜひお勧めしたい。

乗り方教室

これは自転車の乗り方教室、初めて自転車に乗る子供が、指導員の人に教えてもらっていた。

この日、神宮外苑の野球場では、秋の高校野球東京都大会に六大学野球。

秩父宮ラグビー場では、大学ラグビーの対抗戦グループの試合など、スポーツ行事が目白押し。

また、ジョギングをする人も多く見かけた。

スポーツする人、観戦する人で、神宮外苑は多くの人たちで賑わっていた。

「スポーツの秋 たけなわ」だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どうせなら

どうせならお掃除の現場も見たかったな。

掃除も大変だろうけど、それの取材も大変・・・?
プロフィール

め組のかった

Author:め組のかった
「惑わず」の年から走り始めて四半世紀。還暦で初フルマラソンを走り、2010年には66キロのウルトラを制限時間ギリギリで完走。現在も月に200キロ以上を目標に走り込みながら、写真を撮っている。
このブログは、ジョギング中に撮り貯めた写真によるフォトエッセイを目指している。
タイトルは「おくのほそ道」をもじってみたのだが、さて、わかるかなあ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR